宅建

【期間6ヶ月】宅建に主婦が独学で一発合格した勉強方法【インタビュー記事】

今回は主婦の吉山さんに学習期間6ヶ月の独学で宅建に一発合格した方法をインタビューさせていただいたのでご紹介させていただきます。

“お悩みちゃん”
“お悩みちゃん”
主婦でも宅建に独学で合格することができるのかな?

こういったお悩みをお持ちの方に読んでいただきたい記事です。

今回の記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

今回の記事で分かること
  1. 主婦が独学で合格するための具体的な勉強方法
  2. 主婦でも時間を確保するための方法
  3. 宅建取得後の主婦の進路はどういったものがあるのか?

この記事でインタビューをさせていただいた吉山さんは全くの初心者から宅建に半年の期間で合格をされています。

同じように主婦から宅建合格を目指している方の参考になるはずなのでぜひ最後まで読んでみてください。

宅建を受験することになったきっかけ

“りょうすけ”
“りょうすけ”
主婦:吉山さん、本日はよろしくお願い致します。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
こちらこそよろしくお願いします。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
ではまず主婦:吉山さんが宅建試験を受験することにしたきっかけを教えてください。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
私が宅建試験を受けようと思ったのは宅建試験に受かる事で自分に自信に繋がると思ったというのがありました。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
宅建試験は国家試験の登竜門とも言われていて、宅建試験に受からないようなら他の国家試験に受かるはずもないと言われそこから一気にやる気になったというのがありました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
宅建に合格することで自信をつけたかったというのが主婦:吉山さんが宅建試験を受験することになった大きなきっかけなんですね。

勉強期間6ヶ月の独学で合格した勉強方法

“りょうすけ”
“りょうすけ”
主婦:吉山さんは6ヶ月間の独学で宅建試験に合格したということをなのですが、どのような勉強方法を行ったのか教えてもらえますか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
はい。学習は5月から始めたのがですが、最初は何も分からなかったのでとにかく購入した基本テキストを読みまくりました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストは何を使ったんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
TACから出版をされている『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』です。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストを読み進めていくうちにつれて理解が深まって行きましたか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
最初は正直分からなくて挫折しそうになったんですが、読み進めていくにつれて次第に自分の中で理解が深まっていく感覚を味わえました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストはどういったところがよかったですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』は重要な要点だけをまとめてくれているので無駄なことを覚えずに済んだのはよかったです。内容も分かりやすかったです。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
私も同じテキストを使っていたのですごく共感できます!
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
そうなんですね!この基本テキストは試験直前期まで常に時間がある時に見るようにしていました。なので最後はボロボロになっていました。

6月からは過去問も解き始めた

“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストの学習がある程度進んできた段階で次は何をしたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
基本テキストを何周か終えて、6月の中旬ごろから過去問を解き始めました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
その段階で過去問は解けるようになっていましたか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
いえ、それがお恥ずかしい話全く解けなくて…基本テキストをある程度こなしたのになぜこんなに解けないんだろうと落ち込みました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
すごく分かります。そこからどのように過去問での学習を勧められたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
とにかく何度も問題を解いていくにつれて理解が深まっていきました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
過去問は何年間分くらい解かれたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
過去10年間分を2週以上はしましたね。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
私も過去問は最低でも直近10年分を2周以上解くことをおすすめしています。その辺りは別の記事も参考に。

宅建の過去問は何年分を何周解けば良いのか?【最低目安を解説】

8月からは予想模試を解き始めた

“りょうすけ”
“りょうすけ”
過去問を10年分×2周した後はどのような勉強をしましたか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
過去問を解き終えて、8月ごろからは予想模試を解き始めました。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
過去問はある程度解いていると、同じ問題を覚えてしまうので効率が悪くなります。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
得点は上がってくるけど、結局それは問題を覚えてくるからなんですよね。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
そうなんです。なので市販模試などで新しいタイプの問題を解いていくことでさらに知識を定着させることを試みました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
予想模試は何冊くらい解きましたか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
合計で4冊ほどは予想模試を解きました。解き終えた後はかなりレベルアップを感じることができました。

正直予想模試をこれだけこなしておいたことが一発で宅建試験に合格することのできた大きな要因だと私は思っています。

直前期はとにかくやってきたことの見直しをした

“りょうすけ”
“りょうすけ”
試験の直前期はどのような学習をしていましたか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
9月の中旬ごろまではとにかく予想模試を解くことに集中して、それからはこれまでしてきたことの見直しをしました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
具体的にはどういったことをされていたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
これまで解いてきた問題の中で間違えた問題をもう一度解いてみて理解ができいなければ基本テキストに立ち返るという方法です。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
これによって本番までの間も自分の苦手な分野を克服することができ、自信を持って試験に挑むことができました。

宅建試験の合格後

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ここまで聞いた学習方法で、吉山さんは宅建試験に期間6ヶ月で合格できたわけですね。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
そうです!合格通知が届いた時は涙が出るほど嬉しかったです。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
歓喜の瞬間ですよね。では宅建合格後はどのような進路に進まれたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
数か所の面接を受けて無事に不動産業界で働く事ができました。ただやはりサラリーマンですので、勤務の時間は会社の規定に従わなくてはいけません。

1年働いたのですが、子育てとの両立で悩む事に直面しました。日曜日は仕事だし、夜が遅くなったからです。

“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
そんな事を相談すると知り合いの不動産会社の社長が時間が短くてもいいからと引き抜いて下さいました。

今はその会社で日曜日には休み、夕方も夕食を作る時間には帰宅出来る環境で仕事をさせてもらっています。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
すごいご縁ですね!でもこれも宅建に合格したからこそ巡り会えた出会いですね!

宅建に合格するために苦労したこと(主婦の観点から)

“りょうすけ”
“りょうすけ”
では何か宅建に合格するまでの間で苦労したことなどはありますか?特に主婦の視点からあれば教えてください。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
当時は未就学の子供がいたので、とにかく時間を確保することが大変でした。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
そんな中で吉山さんはどのように時間の確保をされたんですか?
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
子供が寝ている時間や、家事の合間などとにかく隙間時間は全て宅建の勉強をするように心がけていました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
すごいですね!忙しい中でも隙間時間をうまく活用してその中で宅建の勉強を続けていったんですね。

これから宅建試験を受ける人へ合格するためのアドバイス

“りょうすけ”
“りょうすけ”
では最後にこれから宅建試験合格を目指している主婦のみなさんに何かメッセージをお願いします。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
宅建試験は決して簡単な試験ではありませんが、私のような主婦でも上手く隙間時間を活用することができれば十分合格することができます。
“主婦:吉山さん”
“主婦:吉山さん”
宅建は持っていれば一生涯有効な資格です。

ぜひ合格を目指して頑張ってみてください!

“りょうすけ”
“りょうすけ”
吉山さん、今回はありがとうございました!

主婦の方でも宅建に合格することはできる

今回は主婦の吉山さんがどのように宅建に合格したのかをインタビューしてきました。

この記事を読んでいる主婦の方もぜひ今回の内容を参考にしていただいて、宅建試験の合格を目指していただければと思います。

ただ主婦の方は日頃から忙しくて、なかなか時間を確保するのが難しいと思うのでそういった方はスマホや音声を使って学習できる通信講座を利用していただければと思います。

詳しい通信講座の内容については、『宅建通信講座のおすすめランキング10選【徹底比較】』を参考にしてみてください。

では、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。