宅建通信講座

ユーキャン宅建通信講座の口コミ・評判【3ヶ月で合格可能】

今回はユーキャン宅建通信講座の口コミ・評判をテーマにお話します。

“お悩み君”
“お悩み君”
CMでよく見る通信講座のユーキャン。資格講座といったらまずはイメージするけど、実際のところどうなんだろう?口コミや評判を知りたいな。

こういった方に向けてこの記事は書きました!

結論として、通信講座の中でユーキャンはオススメです。なぜなら私自身が実際にユーキャンを使用して、2ヶ月感という短期間で宅建試験に合格することができたからです。

この記事を読んでいただければユーキャンがどういった通信講座で自分に合っているのかを判断してもらえるはずです。

ぜひ今回の記事を読んでいただいて宅建通信講座を選ぶときの判断材料にしてみてください。

Contents

ユーキャン宅建通信講座の口コミ【体験談】

“りょうすけ”
“りょうすけ”
私は実際にユーキャン宅建通信講座を使うことで宅建試験に2ヶ月という期間で合格することができました。

なので今回の記事では実際の私の体験を基にユーキャン宅建通信講座の口コミを行なっていきます。

誰の口コミなのか?というのは気になるところですよね。インターネットでは様々な意見が交わされていますが、実際にどれが本当でどれが嘘なのかが分かりません。

今回の記事では実際に管理人の私がユーキャンを使って合格した体験をベースにお伝えするので信頼してもらえればと思います。

【ユーキャン宅建口コミ】メリットは大きく5つ

“りょうすけ”
“りょうすけ”
実際にユーキャンの宅建通信講座を使ってみて感じたユーキャンのメリットは次の5つです。
  1. たった3冊の基本テキストに必要な情報が全てまとめられているから無駄を省いて効率的に合格を狙える
  2. 毎年1000名以上の合格者を出している大手通信講座だから安心して学習を進めることができる
  3. 出題傾向の高い問題だけをピックアップした問題集だからいち早く出題の傾向をつかむことができる
  4. パソコンやスマホを使って学習もできるのでいつでも、どこでも宅建の勉強に時間を使える
  5. 分からないことがあってもメールで気軽に質問ができるから挫折しにくい

これらを1つずつ解説していきます。

たった3冊の基本テキストに必要な情報が全てまとめられているから無駄を省いて効率的に合格を狙える

ユーキャンの基本テキストはたったの3冊です。さらに一冊ずつも決して分厚くなく、数時間あれば一周することができます。

そのためスラスラと一分野を読み進めることができ、いつの間にか知識が定着しているのを感じることができるはずです。

市販のテキストに比べて段違いに時間を省くことができるので、合格までの最短ルートを歩むことができます。

毎年1000名以上の合格者を出している大手通信講座だから安心して学習を進めることができる

ユーキャンの宅建講座では毎年1000名以上の合格者を出しているようです。やはり実績もあって大手の通信講座ということで安心感がありますね。

また独学で宅建を学習をしている時に一番不安なのが、自分の勉強法が合っているのかどうかということです。

そういった意味でもユーキャンはこれまでに多くの合格者を出しているので、勉強の方向性に関しては心配することなくとにかくユーキャンに指定する教材をやりきれば合格することができるという安心感があります。

出題傾向の高い問題だけをピックアップした問題集だからいち早く傾向をつかむことができる

宅建の試験問題は毎年7~8割りが過去問から出題されていると言われています。

ユーキャンの問題集では過去問の中から出題傾向の高い問題だけをピックアップして出題してくれています。

そのためいち早く宅建試験の出題傾向をつかむ事ができ、得点を飛躍的にあげる事ができます。

パソコンやスマホを使って学習もできるのでいつでも、どこでも宅建の勉強に時間を使える

ユーキャンではパソコンやスマホを使っても学習をする事ができます。

さらにWEBテストによる学習進捗状況の管理や、弱点分析と対策、デジタルテキストなど様々な機能を使う事もできます。

いつでも、どこでも時間がある時に宅建の学習をする事ができるので、空き時間を効率的に使うことができます。

分からないことがあってもメールで気軽に質問ができるから挫折しにくい

ユーキャンではメールを利用して分からないところは講師の方に質問する事ができます。

独学だと誰かに教えてもらいたい…と思っても質問できる人がいないので、萎えてしまうという事が多々あります。

ユーキャンを使えばそういった不安を取り除くことができるので、かなり心の支えになります。

ユーキャン宅建通信講座の口コミ・評判

“りょうすけ”
“りょうすけ”
私の他にもユーキャンの宅建通信講座を使って合格した人はたくさんいます。

そういった方の口コミもいくつか紹介しておきます。

ユーキャンが好き

ひたすら一問一答アプリをしてた

宅建を取れば楽になるのでユーキャンに申し込もうかな

6万円を払ったからモチベーションが維持できた

ユーキャンで7ヶ月半勉強して合格!

ユーキャン宅建通信講座を口コミを参考に評価してみた

ここまでの内容を踏まえて、ユーキャンを厳しく評価していきます。

評価基準は次の6つです。

  1. 価格の妥当性
  2. 教材のクオリティー
  3. 合格実績
  4. 講師のレベル
  5. サポートの充実
  6. 合格後のキャッシュバック制度

この6つの基準をそれぞれ満点を5つ星として、評価していきます。

価格の妥当性 

ユーキャンの価格は6ヶ月で合格を目指す本コースが63000円、3ヶ月で合格を目指す『速習講座』が59000円です。

通信講座の中ではそれほど高額ではなく、値段のわりに教材の質も高いと感じます。

ただ、フォーサイトに比べると教材の量が少ないようにも感じます。もちろん多ければ良いという問題ではありませんが、金額はもう少し安くても良いのではないかと思います。

教材のクオリティー 

教材の質はかなり高いです。基本テキストはたったの3冊で、これだけで本当に大丈夫?という気になりますが試験範囲を見事に網羅しています。

また過去問集もよく出題される問題が厳選されており、解説も分かりやすいです。

そのためユーキャンの通信講座を利用すれば効率よく宅建合格を狙う事ができます。

合格実績 

ユーキャンは毎年1000人以上の合格者を輩出しています。毎年こんなにも多くの合格者を出しているのはすごいですね。

ただ一点懸念材料があるとすれば、受講者の数が公表されていないということです

受講者が公表されていないということは合格率を出す事ができません。例えば極端な話受講者が1万人いて、合格者が1000人なのであれば合格率は10%ということになってしまいますよね。

もちろんそんなことはないと思いますが、しっかりとした合格率を表示していないのは減点の対象になりますね。

講師のレベル 

ユーキャンには20名以上の宅建講師が在籍しています。

さすがは大手の通信講座と言ったところで、これほど多くの講師が在籍しているところは他にあまりありません。

講師のレベルも高く、評価は満点の星5です。

サポートの充実性  

ユーキャンでは分からないことがあればメールや郵送で質問をすることができます。

また添削課題なども用意されているので、ご自身の解答を直接プロの講師の方にチェックしてもらうことができます。

サポートの充実性は満点の星5つです。

キャッシュバック制度  

残念ながらユーキャンには合格後のキャッシュバック制度が設けられていません。

他の通信講座であれば、合格後に全額のキャッシュバックを行なっているところもあります。

キャッシュバック制度が一番良い通信講座を選びたいのであれば、全額返金+2万円の祝い金がもらえる『アガルート』がおすすめです。

総合評価 

ユーキャンの総合評価は星4つです。

私自身もユーキャンを利用して合格する事ができたのでかなりおすすめですが、値段の妥当性とキャッシュバック制度がないという部分で評価は少し下がっています。

ユーキャンは何と言っても大手の通信講座なので、その面で安心感がありますね。

ユーキャン宅建通信講座を活用すれば3ヶ月で合格は狙える

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ユーキャンの宅建通信講座なら3ヶ月の学習期間で十分合格を狙うことができます。

私自身は短期集中で2ヶ月で合格することができましたが、当時は学習の時間も多く合ったということを考慮すると再現性が高いのは3ヶ月の期間で合格を狙う方法ですね。

実際に私がユーキャンの宅建通信講座を活用して宅建に2ヶ月で合格した方法を紹介しますね。

ユーキャンの宅建通信講座を活用して宅建に2ヶ月で合格した方法は次の5つのステップです。

  1. ユーキャンの基本テキストを3週ずつ読む
  2. 出題傾向が高い問題が厳選された問題集を解く
  3. 不足知識を基本テキストで補う
  4. 市販の模試を購入して実践トレーニング
  5. 間違えた問題はノートにまとめて空き時間にチェックする

これらを深掘りしていきます。ちなみに私の時にはネットを活用したデジタルサポートパックはありませんでした。

ユーキャンの基本テキストを3週ずつ読む

まずは基本となるテキストを各3週ずつ読み進めました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
何を書いているのかさっぱり分からない…

こんな気持ちになるはずですが、心配しなくて大丈夫です。とにかく先に読み進める事を意識しましょう。

そうすることで次第に理解が深まっていきます。その目安がだいたい3週ほど読み進めた頃に来るはずです。

出題傾向が高い問題が厳選された問題集を解く

テキストを3週ずつ読み終えたら次は過去問集を解き始めました。

試しに何年か前の過去問を全て解いてみたところ、得点は15点でした…

“りょうすけ”
“りょうすけ”
テキストで知識が身についたと思ってたけど、15点はやばすぎ…

と割と落ち込みましたが、切り替えてそこから学習のペースをあげる事ができました。

ユーキャンの過去問集は解説が分かりやすく、間違えた問題もすぐに理解をして進める事ができたのでよかったです。

不足知識を基本テキストで補う

過去問を解いてみると、ここは全然分かっていないな…という部分が分かってきます(最初のうちはほとんどその状態)

次に過去問を解いてみて分からない部分を基本テキストに立ち返って集中的に学習しました。

そうする事で、最初にテキストを読んだだけでは身についていなかった知識を定着させる事ができました。

問題を解く→不足知識が見つかる→基本テキストに立ち返るを繰り返しましょう。

市販の模試を購入して実践トレーニング

過去問だけでは不安だったので、私は市販模試を3冊ほど購入しました。

過去問はある程度解いてくると問題の内容を覚えてくるので、市販模試のように初めて見る問題を改めて解いてみることはとても役立ちました。

市販模試の内容から本試験でも出題された問題もあり、やっておいてよかったです。

間違えた問題はノートにまとめて空き時間にチェックする

これは有効だった方法で、私は過去問や市販模試で間違えた問題を1冊のノートにまとめていました。

そのノートを通勤の電車や、寝る前などの空き時間を活用して見るようにしていました。そうすることで同じ問題を間違える確率を下げる事ができました。

かなりおすすめの方法なのでぜひあなたもやってみてください。

本番は8割以上の得点で合格できた

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ユーキャンを利用した結果、本試験では8割以上の得点で合格する事ができました。

試験問題で出題された問題はほとんどが学習したものばかりだったので、試験本番はスラスラと解くことができました。

元々私は市販のテキストを利用していましたが、途中でユーキャンに切り替えた事で一気にレベルをあげることに成功しました。

ユーキャンはテキストが分かりやすくて、教材の質も高く、本当に選んでよかったなと思っています。

ユーキャン宅建通信講座は大手の安心感があるが、合格率が公表されていないのがネック

今回はユーキャンの宅建通信講座の口コミを紹介してきました。

まとめるとユーキャンは大手の安心感があり、教材の質も高いですが正確な合格率が公表されていないこと、合格後のキャッシュバック制度が用意されていないというのがネックになる部分です。

とはいえ私自身はユーキャンの宅建通信講座を使って合格しているのでおすすめの通信講座ということができます。

まずは無料の資料請求をしてみて他の通信講座と比較しながら自分に合った宅建通信講座を選んでみてください。

>>ユーキャン無料資料請求

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。