ユーキャン宅建

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ

今回は、宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建試験に3ヶ月、できればもっと短期間で合格したい。宅建通信講座を使えば可能なのかな?

どんな宅建通信講座を選べば良いのかもよく分からないし、実際にどんな風に宅建通信講座を使って勉強すれば合格できるのか知りたい。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば、次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建の通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ
  2. 短期間での合格を目指すのにおすすめの通信講座
  3. 通信講座と独学どちらの方が良いのか?
“けんた”
“けんた”
ちなみにこの記事を書いている私は、宅建通信講座を使って2ヶ月という短期間で合格しているのである程度信用性は担保されるはずです。

これから短期間で宅建合格を目指している方の何か役に立てれば幸いです。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ

結論から先に言うと、宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップは次のようになります。

3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ
  1. 自分に最適の宅建通信講座を選ぶ
  2. 付属の基本テキストを最低でも3周は読み込む
  3. 過去問テキストを使って出題傾向を掴む
  4. 間違えた箇所を基本テキストで振り返る
  5. 応用問題集を解きながら難問の対策をしていく

それぞれのステップを詳しく解説していきます。

ステップ1:自分に最適の宅建通信講座を選ぶ

まずは自分にあった通信講座を選ぶことが重要です。

通信講座といっても何を選んでも良いわけではなく、短期間で合格するためには優れた教材を選ぶ必要があります。

とはいってもどんな宅建通信講座を選べば良いのか分からないと思いますので、この記事の後半でどういった宅建通信講座がおすすめなのかを紹介するので参考にしてみてください。

ステップ2:付属の基本テキストを最低でも3周は読み込む

さて通信講座の教材が届いたらまずは基本テキストを読み込みましょう。

どの通信講座を選んでも基本テキストは必ずついているはずです。(問題集だけのプランの場合にはありませんが。)

最低でも3周です。

“けんた”
“けんた”
なぜ3周なのかと言われると明確な理由はないのですが、私自身3周くらい基本テキストを読んだあたりから少しずつ知識が定着した感じがありました。

最初は理解するのに苦労するはずなので、まずは質よりも量で勝負しましょう。

ステップ3:過去問テキストを使って出題傾向を掴む

次に基本テキストを使ってある程度理解ができてきたら、付属の過去問テキスト(問題集)を解いていきましょう。

最初は全く解けなくても問題ありません。

基本テキストを読んでいて理解したつもりの部分が実際に問題を解いてみることで洗いざらいになるはずです。

“けんた”
“けんた”
学習で大切なのはインプット→アウトプット→インプットをとにかく繰り返していくことです。基本テキストで学んだ内容をどんどんアウトプットしていきましょう。

ステップ4:間違えた箇所を基本テキストで振り返る

ステップ3の過去問テキストで間違えた箇所や分野を再度基本テキストで読み込んでいきましょう。

最初の3周読んだときよりも、どんなふうに問題として出題されるのかが頭に入っているのでテキストの見え方が変わってくるはずです。

この段階で基本テキストをもう一度読んでいくことで知識の定着率は格段にUPします。

さらに通信講座の過去問テキストには分かりやすい解説が書かれているので必ずそれも目を通すようにしましょう。

応用問題集を解きながら難問の対策をしていく

できればステップ4までを2ヶ月間でこなしたいところです。

最後の1ヶ月はこれまで見たことないような問題を解きながら別の角度の出題にも慣れる必要があります。

どうしても過去問だけだとある程度答えを覚えてきてしまい、伸び悩んできてしまいます。

そこで最後の追い込みとして鷹揚問題集を使って初めてみるような問題でも解ける力を身につけましょう。

ここまでの内容を3ヶ月でみっちりと行えればかなり合格する可能性は高くなります。

3ヶ月の短期間で合格を目指すのにおすすめの通信講座

“お悩み君”
“お悩み君”
なるほど。ある程度どんなステップで学習していけば短期間で通信講座を使って宅建に合格できるのかは理解できた。

けど、どの宅建通信講座を選べば良いの?

こんな疑問にお答えします。結論は次の3つの宅建通信講座が短期間で合格を目指すならおすすめです。

  1. フォーサイト(王道の宅建通信講座)
  2. ユーキャン(3ヶ月に特化したプランあり)
  3. アガルート (合格後のキャッシュバックが充実)

それぞれの宅建通信講座がどういった特徴なのかそれぞれ解説していきます。

短期でおすすめの宅建通信講座1:フォーサイト

まず短期で宅建合格を目指す方におすすめするのが「フォーサイト」です。

おすすめの理由はその圧倒的な合格実績と、教材のクオリティーの高さです。正直他の宅建通信講座に比べて頭ひとつ出ている印象です。

短期間で合格している受講生も多く輩出しているので、フォーサイトを選んでおけばまず間違いはありません。

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判を調査【合格率70%以上】宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

短期でおすすめの宅建通信講座2:ユーキャン

2つ目におすすめなのが、生涯学習のユーキャンです。

実は私もユーキャンを使って2ヶ月で合格しています。なので短期間で合格することができると自信を持っていうことができます。

ユーキャンでは3ヶ月で合格するためのプランも用意されているのでそちらを利用するのが短期合格を目指す方にはおすすめです。

ユーキャン宅建通信講座の口コミ・評判【3ヶ月で合格できる】ユーキャン宅建通信講座の口コミ・評判を紹介します。ユーキャン宅建通信講座を使えば3ヶ月で合格を狙うことが可能です。...

短期でおすすめの宅建通信講座3:アガルート

3つ目におすすめの宅建通信講座が「アガルート」です。

アガルートは合格者へのキャッシュバック制度が充実しています。

また受講生の合格率もフォーサイトの次に優れているので、合格する自信があって、キャッシュバックを受けたいという方にはおすすめの宅建通信講座です。

アガルート宅建通信講座の口コミ・評判を徹底検証!驚異の返金制度宅建通信講座アガルートの口コミ・評判を解説します。通信講座を使って宅建合格を狙っている方はぜひ参考にしていただいて自分に合っているかを判断してみてください。...

通信講座と独学ならどっちの方が良いのか?

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建通信講座なら3ヶ月の短期間で合格目指せそうだな。

でも独学で目指すのはどうなんだろう?通信講座と独学ならどっちが良いんだろう?

結論としては、通信講座を選ぶ方が断然おすすめです。特に短期間で合格を目指すのなら尚更です。

なぜなら宅建通信講座はスクールがこれまでの出題傾向を分析し、最適な教材を提供してくれています。つまり独学よりも効率的に学習をすることができます。

“けんた”
“けんた”
私の友達でも独学にこだわった結果、5年連続で試験に落ちている人もいます。

正直キャッシュバック制度なども用意されていて、通信講座の方がコスパ的にもお得だったりするので独学合格を目指している方はこの辺りよく考えましょうね。

通信講座を使えば3ヶ月の短期間で合格を目指すことはわりと現実的

今回は、宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いてきました。

通信講座を使えば独学よりも効率的に学習できますし、短期間で合格した方は多くいます。

できれば短期間で宅建試験に合格したい!と考えている方は是非宅建通信講座を活用してみましょう。

より詳しくおすすめの宅建通信講座についてまとめている記事もあるので、どの通信講座にしようか迷っている方は是非そちらも参考にしてみてくださいね。ではでは。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。