宅建通信講座

宅建に独学1年で合格するための勉強方法について

今回は宅建に独学1年で合格するための勉強方法ついて取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建って難しいって聞くから独学で大丈夫なの?勉強方法について聞きたいな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえると、次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建の独学の勉強方法
  2. 独学で必要な勉強時間
  3. 独学において大事なこと
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、宅建試験に2ヶ月の短期合格に成功しているので試験ついては詳しい自信があります。

是非今回の記事を参考に、宅建取得を考えている方は合格を目指してチャレンジしてみてください!

宅建に独学1年で合格するための勉強方法

“けんた”
“けんた”
実際に合格した私はノートでの勉強法をお勧めします。なぜ、ノートなのかをお話ししていきます。

なぜ、ノートなのか。それは何度でも上書きできるからです。
参考書って書き込むのが嫌いな人だったり、書き切れなかったりしますよね。

ノートだと科目ごとにまとめれますし、いくらでも書き込めます。
消す必要もないのでボールペンなど消せないもので書くのも良いです。

何より、書き込むことによってノートも少なくなってくるので目に見える達成感だったりが表れて使い勝手が良いのも特徴ですね。

なのでここでは、ノートを使った勉強方法を教えていきます。

“けんた”
“けんた”
それでは独学で1年で宅建合格に向けてノートを使った具体的な学習方法をまとめていきます。
  1. スケジュール管理
  2. 全体の勉強方法を把握する
  3. 参考書を読み込む(インプット)
  4. インプットしたものをノートに書く(アウトプット)
  5. ひたすら問題を解く

それぞれ詳しく説明していきます。

ステップ1: スケジュール管理

宅建試験は毎年10月の第3日曜日に実施されますが、それまでに最低300時間は消化できるように計画を立て勉強をスタートさせます。

宅建試験は広範囲に深く勉強する必要があるので、しっかりスケジュール管理をして毎日少しの時間でも勉強する癖をつけましょう。

(例)1年前から毎日1時間すると365時間勉強時間を確保することができます。

宅建試験の合格目安の勉強時間は300〜500時間と言われています。

ステップ2:全体の勉強方法を把握する。

宅建試験は「宅建業法」「民法」「法令上の制限」の3つの分野に分かれており、この中で更に細かく単元ごとに別れています。

まずは、全部のテキストを流し読みして自分がどこの分野が得意そうで、どこの分野が苦手そうかを把握してください。

そうすることで、今後の勉強がスムーズにいくと思います。

宅建の勉強は、基本的に①〜③の繰り返しです。

①テキストを読む
②ノートに書く
③問題を解く

単純な作業ですが、単純が故に面倒になってきて飽きてきます。

そこで自分の中で今日は「①テキストまでは絶対読もう」など、毎日目標を決めて勉強していくと良いでしょう。

ステップ3:参考書を読み込む(インプット)

アウトプットが一番大事だと言われてますが、私はこのステップ3のテキスト・参考書を読み込むが一番大事だと思います。

宅建試験に関しては、不動産業界に従事していないと聞き慣れないい言葉がたくさん出てきます。
なのでまず、その言葉自体を見慣れることから始めないといけません。

最初は何を言っているのか理解できないと思いますが、読み進めて勉強をしていくと頭の中でちゃんと繋がってくるので、まずは読むことに重きを置いてください。

アウトプットしなくても知識として頭に残るものもあるので、まずはしっかりと読む習慣を身につけてほしいです。

ステップ4:ノートに書く(アウトプット)

テキスト・参考書を読んでインプットが済むと、次は自分の言葉でアウトプットすることがとても重要になってきます。

宅建試験は民法など法律の問題が絡んでくると、訳が分からなくなってきます。
その際、自分の言葉で落とし込めるようになっておくと急激に理解が深まります。

宅建業法や法令上の制限に関しては、暗記する内容も多いのでここでもこの能力が活きてきます。

ノートで勉強していると後から理解しやすい表現が出てきた場合に加筆修正することができる。

ステップ5:問題を解く

ステップ4までたどり着けば、ある程度の知識はついているはずなので問題を解いていきます。ここでの問題の訂正の仕方で学力に大きな差がつきます。

それは、間違えた答えに単に◯か✕かを書くだけではなく、しっかりとその解説を書くことです。

宅建の試験は4つの選択肢があるので、そのうち3つは間違いです。
なので、その3つとも間違えている一文を見つけ出し、3つともに解説訂正を加えます。

これは本当に重要なことで、宅建試験の選択式に慣れるだけでなく、アウトプットの役割も果たしてくれます。

“けんた”
“けんた”
解説を書かないと理解した気になって、次また同じ間違いを…なんてこともよくありますね。

理解していれば、自分の言葉でそのまま記述できるようになっています。

宅建試験は選択式で4つの選択肢の中から正しいもの(あるいは間違っているもの)をひとつ選択する形式です。

宅建に独学で合格するのに適切な学習期間は?

一般的に宅建は合格に必要な勉強時間が300〜500時間と言われています。

中にはもっと短い勉強時間で合格する人もいるかもしれませんが、理解度の差だったりするので大体の人はこのくらいと言われています。

しっかりスケジュール管理をして、継続的に勉強する癖をつけましょう。

まばらに勉強するよりは、毎日少しでも勉強する方が覚えていることも多く身に付きやすいと思うので無理のない勉強計画を立てましょう。

勉強にメリハリをつけるためにしっかり息抜きもしてくださいね、大事なことです。

独学だと1年学習しても落ちる可能性がある3つの理由とは?

宅建試験を受けるにあたって独学だとどうしても不安になると思います。

“お悩み君”
“お悩み君”
ちゃんと勉強は行き届いているのだろうか…自分の勉強の仕方は正しかったのだろうか…

もちろん合格すればどんな勉強方法でも正解です、合格できなければそれはどこか足りない部分があったのでしょう。

ここでは少し、独学で勉強しても落ちる可能性がある3つの理由についてお話しします。

  1. 理解した気分でいる
  2. 問題を解く時間を意識していない
  3. 問題の傾向を掴めていない

理解した気分でいる

これは独学で勉強している人に多いです。

解説や添削をしてくれる人がいないので、自分の間違いに気づいて修正する能力が低いです。問題を解いても解きっぱなしで終わっていたり、勉強の仕方を知らない人が多く見られます。

予備校や塾に通っている人、通信講座を利用している人は初めから勉強の仕方を教えてくれる人がいて、その都度解説や添削をしてくれるので、間違った努力をしません。

導いてくれる人がいない分、正しい勉強法を自分で模索しなければなりません。

問題を解く時間を意識していない

宅建試験は制限時間が2時間と決まっています。

予備校や塾に通っている人、通信講座を利用している人は先生や講師に嫌というほど時間割のことを言われるので、あらかじめ自分の中で科目ごとに充てる時間を決めて試験に臨んでいます。

しかし、独学の人は自分で調べない限りそういうことを教えてくれる人はいません。

宅建試験において時間の割り振りはとても大事なことで、時間を気にせず解いていると必ず精神的な焦りが生まれ、落ち着いて問題を解くことができなくなります。

これで自分を追い込んでしまった人もたくさんいるでしょう。

問題の傾向を掴めていない

これも独学で勉強している人に多いのですが、参考書や過去問は個人で集めることができますが、業界の生の声を聞くことができません。

なので、どんな問題を出されても解ける自信があるなら良いですが、傾向が分からないので対策ができません。

傾向を知ることはとても大事で試験を有利にしてくれます。

その点、予備校や塾、通信講座をしている人は業界に精通した先生や講師が試験対策に日頃から教えてくれるので合格率も独学に比べ高いです。

独学よりも宅建通信講座がおすすめ!

今回は、宅建に独学1年で合格するための勉強方法というテーマで記事を書いてきました。

確かに宅建は独学でも十分取得可能な資格なので、費用を抑えたい人などにはお勧めですが、上記で話してきた通り、間違った勉強法ですると時間が無駄になります。

通信講座を使えば独学よりも効率的に学習できますし、予備校や塾と違って自分のペースで勉強することもできます。

通信講座であれば短期間で宅建試験に合格も可能なので、もし悩んでいる方は是非宅建通信講座を活用してみてはいかがでしょうか。

より詳細に宅建通信講座についてまとめている記事もあるので、是非そちらも参考にしてみてください。では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。