フォーサイト宅建

宅建通信講座フォーサイトを使って4ヶ月で合格した勉強方法【体験談】

今回は、宅建通信講座フォーサイトを使って4ヶ月で合格した勉強方法について合格者の方にインタビューしてきました。

今回インタビューさせて頂いた小島さん(仮名)は、フォーサイトの通信講座を実際に使って4ヶ月という期間で試験に合格しています。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建通信講座フォーサイトに興味がある。実際に使った人の合格体験談を知りたいな。

こういった方におすすめの記事です!

実際にフォーサイトを使って合格した方の体験談なので、信頼性は担保されるはずです。

この記事を読むと次のようなメリットがあります。

  1. 宅建通信講座フォーサイトを実際に使った人の体験談を知れる
  2. 宅建通信講座フォーサイトを使って合格するための具体的な勉強方法
  3. 宅建通信講座フォーサイトのメリットやデメリット

宅建通信講座フォーサイトに興味がある方や、これから宅建試験に挑戦しようと思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

宅建試験を受けることになった理由

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さん、今回はよろしくお願いします。
“小島さん”
“小島さん”
よろしくお願いします。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
ではまず最初になぜ小島さんは宅建を受験することに決めたんですか?
“小島さん”
“小島さん”
私が宅建試験を受けることにしたのは初めて国家資格を取ろうと思った時に何から始めれば良いか迷っていた時に友人からまずは宅建を受験したら良いという事を言われたことがきっかけでした。
“小島さん”
“小島さん”
 特に最初から宅建の資格を取りたいと思ったという事はありませんでしたが、初めて国家資格を取るなら宅建の資格から始めるのが良いと思ったからです。

宅建通信講座のフォーサイトを選んだ理由

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さんは、フォーサイトの宅建通信講座を使って試験に合格されたと聞きました。

なぜたくさんある通信講座の中でフォーサイトを選ばれたんですか?

“小島さん”
“小島さん”
私が数ある宅建の講座の中でもフォーサイトを選んだのは、受講料が安いというのが大きな理由です。他の通信講座だと10万円近くしますが、フォーサイトは6万円台とお手頃なのがよかったです。
“小島さん”
“小島さん”
またフォーサイトは利用者からの評判もよく、受講生の実績もあったので安心感があり決めました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
通学講座や独学といった勉強方法は考えなかったんですか?
“小島さん”
“小島さん”
実は家の近くに通学できる予備校がなくて…独学だと、どうしても効率が悪くなりますし、そういう訳で必然的に通信講座を使うことになりました。
フォーサイト宅建のプラン別料金一覧
  1. バリューセット1(56,800円)
  2. バリューセット2(66,800円)
  3. 単科講座 基礎講座(42,800円)
  4. 単科講座 過去問講座(42,800円)
  5. 単科講座 直前対策講座(14,800円)

宅建通信講座フォーサイトを使って4ヶ月で合格した勉強方法

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さんは、宅建通信講座フォーサイトを使って4ヶ月で試験に合格したとのことですが、実際にどのような勉強方法だったのか教えてもらえますか?
“小島さん”
“小島さん”
わかりました。期間は4ヶ月ほど、勉強方法は次の5つの手順でした。
小島さんの勉強方法
  1. フォーサイトの基礎講座のテキストを使った学習
  2. フォーサイトの過去問をを解いて間違えた箇所のテキストの読み込み
  3. フォーサイトの再現問題を解いて実力を見る
  4. フォーサイトの模擬試験を受ける
  5. フォーサイトの基本テキストを最終読み込み

6月:フォーサイトの基礎講座のテキストを使った学習

“小島さん”
“小島さん”
まず私が取り組んだのはフォーサイトの基本テキストの読み込みでした。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストの読み込みはどのくらいの期間しましたか?
“小島さん”
“小島さん”
これをやらない事には全く理解ができないのでまず1か月は基本テキストの読み込みをしっかりしました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトの基本テキストは分かりやすかったですか?
“小島さん”
“小島さん”
はい。フォーサイトのテキストはフルカラーで見やすく、初学者でも分かりやすかったです。

7月:フォーサイトの過去問をを解いて間違えた箇所のテキストの読み込み

“りょうすけ”
“りょうすけ”
基本テキストの後はどのようなことをしましたか?
“小島さん”
“小島さん”
1か月しっかり基本テキストの読み込みをした後にフォーサイトの過去問を解きました。

これで自分が基本テキストを読んで理解した気になっていたのと実際にはどれだけ違いがあるか分かりました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
読んで理解したと思っても、実際には覚えれてなかったということはすごくありますよね。。
“小島さん”
“小島さん”
そうなんです。笑

それで自分が実査は大して理解してなかった部分が分かってその問題の箇所を放置せずにまた間違えた箇所を基本テキストで再読み込みしました。

“小島さん”
“小島さん”
これで自分が全く理解してなかった部分が分かり復習しないといけない箇所を把握することができました。

ただ過去問を解いているだけでは解説を読むだけでまた理解した気になるだけなので過去問で間違えた箇所をテキストにマークしてそこは重点的に学習するように工夫しました。

8月:フォーサイトの再現問題を解いて実力を見る

“りょうすけ”
“りょうすけ”
過去問を解いて基本テキストで復習しつつ、次はどのようなことをしたんですか?
“小島さん”
“小島さん”
それまでに基本テキストの読み込みと過去問を解いたことでかなり理解が進んだと思ったのでフォーサイトの再現問題を解いてどれだけ自分の頭で考えて答える事ができるかを確認しました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトの再現問題はどうでしたか?
“小島さん”
“小島さん”
いくら過去問が解けるようになっていても過去問を繰り返し説いていると考えなくても答えを覚えてしまっている事があります。

それでは本当の意味で理解した事にならないので基本テキストの読み込みと過去問を解いた後はフォーサイトの再現問題を解くことで新しい問題にチャレンジすることができたのでかなりよかったです。

9月:フォーサイトの模擬試験を受ける

“小島さん”
“小島さん”
9月になって私がやったのはフォーサイトの模擬試験でした。

受験の少し前に模擬試験を受けることで、これまで勉強してきた内容をどれだけ理解していて合格できる可能性がどれだけあるかを確認しました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトの模擬試験は参考になりましたか?
“小島さん”
“小島さん”
非常に役立ちました。実際にフォーサイトの模擬試験で見た問題が数問本試験でも出題されて、解いておいてよかったと思いました。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
9月ということで本試験まで残り1ヶ月という状況ですが、この時点ではどのくらいの仕上がりだったんでしょうか?
“小島さん”
“小島さん”
この頃には基本テキストの読み込みは終わっていて、過去問もほぼすべて解いていました。

この段階では理解が進んでいるかを見るよりはそれまでの学習で試験に合格できるのかを見たり、また予想問題を解く事で実際の試験でどんな事が問われるかを見る目的で学習しているという状況でしたね。

10月:フォーサイトの基本テキストを最終読み込み

“りょうすけ”
“りょうすけ”
10月に入ってからはどのような勉強方法で学習を進めていたのでしょうか?
“小島さん”
“小島さん”
直前期までには一通りやるべきことは完了していたので、基本テキストで忘れてる箇所はないかをまた最初から読んでチェックしていました。
“小島さん”
“小島さん”
何か新しいことをするというよりは、本番に向けて今までやってきたことを復習しつつ、気持ちを落ち着けるという感じでしたね。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
ここまでお話してもらった勉強方法で実際に4ヶ月間で宅建試験に合格した訳ですね。

フォーサイト宅建通信講座のメリットは?

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さんは実際にフォーサイトを使って宅建試験に合格された訳ですが、フォーサイトのメリットなどを教えてもらえますか?
“小島さん”
“小島さん”
実際にフォーサイトの宅建講座を使ってみて私が感じたメリットは次の3つですね。
フォーサイト宅建講座のメリット
  1. テキストがとにかく分かりやすかったので理解の進みが早かった
  2. eラーニングがあるおかげでゲーム感覚で宅建の勉強ができた
  3. 講義の内容も濃く楽しく学習できるので挫折せずに続けれた

テキストがとにかく分かりやすかったので理解の進みが早かった

“りょうすけ”
“りょうすけ”
最初にもお話していましたが、やはりフォーサイトのテキストは分かりやすかったですか?
“小島さん”
“小島さん”
そうですね。フォーサイトのテキストは初学者でも分かりやすいようになっていたのが良かったです。

市販のテキストだとかなり難しい書き方がしてあったりして初学者にはかなり厳しいという印象がありました。

“小島さん”
“小島さん”
ですが、フォーサイトのテキストは法律も分かりやすく解説してあるおかげで難しい条文の理解も比較的簡単で良かったです。

eラーニングがあるおかげでゲーム感覚で宅建の勉強ができた

“りょうすけ”
“りょうすけ”
他にもメリットはありましたか?
“小島さん”
“小島さん”
ですが、フォーサイトのテキストは法律も分かりやすく解説してあるおかげで難しい条文の理解も比較的簡単で良かったです。
“小島さん”
“小島さん”
宅建の学習をしていていつもテキストばかり見ていると嫌になってしまう事があったのですが、フォーサイトにはeラーニングというのがあってWEBで学習できるようになっているのが良いと思いました。

どこにいてもネットがあればいつでもできるので、かなり理解が進みました。

“小島さん”
“小島さん”
また同じ宅建試験の学習でもeラーニングというだけでゲーム感覚で勉強ができたのが良かったです。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
ゲーム感覚で楽しく宅建の勉強ができるのは最高ですね。

講義の内容も濃く楽しく学習できるので挫折せずに続けれた

“小島さん”
“小島さん”
フォーサイトの講義は、講師が淡々とテキストの内容を読み進めるという事になっておらず聞いている側が退屈しないようにいろんな話を交えて講義の内容を解説してくれるのが良かったです。

おかげで講義にしっかり集中できたので挫折せずに最後まで続けることができました。講義にも手を抜かないのがフォーサイトの良さです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトの受講生の合格率が業界で一番高い理由は講義の質が高く、集中できるという点にわけがありそうですね!

フォーサイト宅建通信講座のデメリットは?

“りょうすけ”
“りょうすけ”
反対にデメリットは何かありましたか?
“小島さん”
“小島さん”
強いて言うのであれば、質問の回数に制限があることですね。

私の受講したプランでは質問回数が5回しかなかったので、20回くらいに増やしてくれれば良いなとは思いました。

フォーサイトではプランによって質問できる回数が決まっているので注意しましょう。

これから宅建試験に挑戦する人へのメッセージ

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さん、では最後にこれから宅建試験に挑戦する方に何かメッセージをお願いします。
“小島さん”
“小島さん”
これから宅建試験を受けようと思っている人は宅建試験は難易度があまり高くないとはいっても国家資格です。

なので、独学で学習するのはかなりきついのは確かです。

そこらへんのよく分からないご当地検定みたいなノリで受験せずにしっかりフォーサイト等を利用して効率的に学習するのが良いです。頑張ってください。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
小島さん、今回はありがとうございました!

まとめ

今回はフォーサイト宅建講座を使って宅建試験に合格をした小島さんにお話をお伺いしました。

フォーサイトは業界実績も高く、受講生のなんと70%以上を試験に合格させているというトップクラスの宅建通信講座です。

これから宅建試験に挑戦する予定の方にはフォーサイトはかなりおすすめです。他の記事でより詳しくフォーサイトについてまとめてあるので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判を調査【合格率70%以上】宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。