フォーサイト宅建

宅建通信講座はフォーサイトとユーキャンどちらを選ぶべき?

今回は宅建通信講座はフォーサイトとユーキャンどちらを選ぶべき?というテーマでお話します。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建通信講座でどれを選べば良いんだろう。フォーサイトとユーキャンってどちらも有名だけど、どちらを選ぶべきなんだろう?

こういった疑問をこの記事では解決します。

この記事をあなたが読むメリットは次の3つです。

  1. 宅建通信講座でフォーサイトかユーキャンどちらを選ぶべきか分かる
  2. フォーサイトとユーキャンそれぞれの特性を知ることができる
  3. 自分に合った通信講座選ぶことができ、試験合格の可能性を上げることができる

ちなみにこの記事を書いている私は、宅建通信講座を使って2か月で試験に合格しているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

今回の記事を参考にしていただいて、フォーサイトかユーキャンどちらが自分に合っているのか判断してみてください。

宅建通信講座はフォーサイトとユーキャンどちらを選ぶべき?

今回のテーマである、宅建通信講座はフォーサイトとユーキャンどちらを選ぶべき?の結論に辿り着くためには2つの通信講座を比較する必要がありますね。

今回は次の5つの観点から、フォーサイトとユーキャンの比較をしていきます。

  1. 教材のクオリティー
  2. 価格の妥当性
  3. 合格実績
  4. サポートの充実
  5. 合格後のキャッシュバック制度

これらの要素をそれぞれを比較し、宅建通信講座フォーサイトとユーキャンどちらを選ぶべきなのかを解剖していきます。

教材のクオリティー

“りょうすけ”
“りょうすけ”
教材のクオリティーはフォーサイトもユーキャンもどちらも非常に高いです。それぞれの特徴をあげておきます。

フォーサイトの教材

フォーサイトのテキストには合格するために必要な情報だけが書かれています。

そのため一般のテキストと比べると4/9程度の量に情報が圧縮されており、短い時間で効率よく学習を進めることができるようになっています。

またフルカラーテキストで初学者の方でもとっつきやすい教材となっています。

ユーキャンの教材

ユーキャンの基本テキストはたったの3冊ですが、合格するために十分な情報が詰め込まれています。

また一冊一冊もそれほど分厚くなく、本気を出せば1日で一周読むこともできます。重要なポイントには色分けもされており、効率的に覚えるべきポイントを把握することもできます。

実は私自身は、ユーキャンのこのテキストを使って2か月で合格しています。

価格の妥当性

“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトとユーキャンの価格はどちらも同じような価格帯です。ただ同じ価格帯ならフォーサイトを選ぶのがおすすめです。

なぜならユーキャンに比べてセットになっている教材も多く、受けられるサービスが手厚いからです。

フォーサイトの料金

フォーサイトバリューセット2の料金は66800円(税抜き)です。

ここから現在ではさらに5000円引きのクーポンが発行されているので、61800円(税抜き)で購入することができます。

決して安い金額ではありませんが、支払った金額に対してのリターンはかなり大きいです。

ユーキャンの料金

ユーキャンの料金は、63,680円(税込)です。

値段だけで比較するとユーキャンの方がフォーサイトよりも安いですが、提供されてる教材の数はフォーサイトの方が多いです。

もちろん多ければ良いという訳ではありませんが、せっかく同じくらいの金額を払うのであればいろんなサービスを受けれる方が良いなと思ってしまいますよね。

合格実績

“りょうすけ”
“りょうすけ”
合格実績に関しては、圧倒的にフォーサイトに軍配が上がりす。フォーサイト受講生の合格率は70%以上と業界でNO1の実績です。

フォーサイトの合格実績

フォーサイト受講生の合格率は70%を超えています。これは全国平均の4倍以上の数値で圧倒的です。

つまり受講者の3/4が合格できる訳です。逆に試験に落ちる方が可能性は低いんですね。

フォーサイトの合格率を超える宅建通信講座は現時点ではありません。

ユーキャンの合格率

ユーキャンの合格率は公表されていません。平成29年度には合格者が1164名だったと公表されていましたが、それ以降は特に情報がありません。

私の持論ですが、合格率を公表していない通信講座は基本的に合格率があまり高くないケースが多いです。

ユーキャンは1000名以上の合格者を出していてすごいですが、実際に受講者の数が不明なので合格率を割り出すこともできません。

それなら、受講者合格率が70%以上と公表しているフォーサイトの方が安心ですよね。

サポートの充実

“りょうすけ”
“りょうすけ”
フォーサイトもユーキャンも分からないことがあれば、メールを使って質問することができます。サポートの充実性に関しては特に差はない印象です。

フォーサイトのサポート体制

フォーサイトは分からないことがあればEメールで質問をすることができます。講師の方が丁寧に返信をしてくれるので、一人で悩んでいたこともすぐに解決することができます。

他の通信講座だと、全くサポートがついていない通信講座もありますが、フォーサイトでは手厚いフォローを受けることができるのでモチベーションの維持もしやすいです。

ユーキャンのサポート体制

ユーキャンでもフォーサイトと同様に、分からないことがあればメールや郵送で質問をすることができます。

また添削課題なども用意されているので、自分の解答を直接プロの講師の方にチェックしてもらうことができます。

合格後のキャッシュバック制度

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ユーキャンには合格後のキャッシュバック制度は用意されていませんが、フォーサイトでは合格者に2000円分のamazonカード、不合格者には全額返金の制度も用意されています。

フォーサイトのキャッシュバック制度

フォーサイトでは、合格すればamazonギフト2000円分、不合格だと条件を満たせば全額返金の制度が用意されています。

合格時の特典ももちろん嬉しいですが、不合格だった場合に全額返金というのはすごすぎる制度ですね。これはなかなか他の宅建通信講座でも真似できません。

全額返金を受けるにはある程度の条件があります。その辺りは別の記事にまとめているので参考にしてみてください。

フォーサイト宅建の返金制度が驚異的!不合格なら全額返金保証フォーサイト宅建返金制度について解説します。条件を満たせば不合格時に全額返金を受けることができます。これからフォーサイトの受講を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...

ユーキャンのキャッシュバック制度

ユーキャンには合格時、不合格時どちらも特に用意されていません。

せっかくならどちらかはつけてもらいたいなとは思いますが、現段階ではキャッシュバック制度の観点から見てもフォーサイトの方がお得です。

宅建通信講座を選ぶならフォーサイトの方がおすすめ!

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ここまでの内容を踏まえて結論としては、ユーキャンよりもフォーサイトを私はおすすめします。

私自身はユーキャンを利用して合格した身なので、ユーキャンをおすすめしたいところではありますが実際の合格率やキャッシュバック制度などを比較しても今ならフォーサイトを絶対に選びます。

ユーキャンを選ぶ理由としては有名な通信講座なので安心があるという点ですが、特に強いこだわりなどがなければフォーサイト一択かなと思います。

フォーサイトにしようか、ユーキャンにしようかと悩んでいるのであれば、ぜひフォーサイトを選ぶことをお勧めします。では、最後までありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。