宅建とは

宅建士に向いている人・向いていない人のそれぞれの特徴とは?

今回は、宅建士に向いている人・向いていない人のそれぞれの特徴というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士に向いている人ってどんな人なんだろう?自分は向いているか知りたいな。必要なスキルとかもあるのかな?

こう言った方に向けてこの記事を書きました!

“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、宅建士として不動産実際に勤務をしていたので記事の信憑性はあるはずです。

どんな人が宅建士に向いているか知りたい人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

宅建士に向いている人の特徴

結論として、宅建士に向いている人の特徴は次の5つが挙げられます。

  1. 不動産について興味がある人
  2. 正確な仕事ができる人
  3. 難しいことを分かりやすく説明できる人
  4. 土日に出勤ができる人
  5. 社交性が高い人

これらについてそれぞれ深堀していきます。

不動産について興味がある人

宅建士は不動産のプロです。

“けんた”
“けんた”
なので、ある程度不動産に興味がある人でないと新しい知識を勉強したいと思わないですよね。

なので不動産に興味があるということは宅建士に向いている人の大きな特徴だと言えます。

正確な仕事ができる人

宅建士にとって正確な仕事ができるということは非常に重要な要素の1つです。

なぜなら宅建士は重要事項説明書の作成や契約書の作成など、不動産の売買において重要な書類の作成に携わることになるからです。

“けんた”
“けんた”
いい加減な仕事をする人がだと後々大問題になってしまいかねません、、

難しいことを分かりやすく説明できる人

宅建士は単に不動産の知識があるだけではなく、それをお客さんに分かりやすく伝える必要があります。

“けんた”
“けんた”
お客様視点で考えた時に、どれだけ知識があっても説明が分かりにくい人って話をしたいと思わないですよね、、

つまり不動産の知識+伝える力は宅建士にとって必須の能力だと言えます。

土日に出勤ができる人

土日に出勤できる人は宅建士に向いています。

なぜなら不動産業界は土日が忙しかったりするからです。一般の会社員の方がお休みの時にお家を探そうとしますよね。

なので土日に出勤できるというのはそれだけで宅建士として重宝される要素だったりします。

宅建に向いていない人の特徴

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士に向いている人の特徴は理解できたな。逆に宅建士に向いていない人ってどんな特徴があるんだろう?

こんなふうに思う人もいるはずです。

基本的には向いている人の特徴の逆になるのですが、それに合わせて次のようなものが挙げられます。

  1. 接客仕事が苦手な人
  2. 資格だけ持っていれば良いと思っている人
  3. 話が長い人

それぞれ解説していきます。

接客仕事が苦手な人

宅建士は事務仕事だけをしていれば良いわけではありません。

お客さんと対面して営業活動もする必要があります。なので、接客が苦手だという人は宅建士にはあまり向いていないかもしれません。

資格だけ持っていれば良いと思っている人

宅建士の資格を持っていると不動産業界ではかなり重宝されます。

ただ資格を持っていればそれだけで良い、と思っている人はあまり宅建士には向いていません。

なぜなら不動産の仕事は宅建士の仕事以外にも幅広いものがあるからです。

資格だけ持っていればそれだけでOKという考えを持っている方はあまり良くありませんね。

話が長い人

不動産に行った時にやたら話が長い人にあったことってないですか?

こういう人は宅建士がというより不動産の営業マンとして向いていないと言えます。

“けんた”
“けんた”
やっぱり話が長いとその人と会話をあまりしたくないと思ってしまいますもんね。。

宅建士に向いている人・向いていない人のまとめ

今回は、宅建士に向いている人・向いていない人のそれぞれの特徴というテーマで書いてきました。

宅建に向いている・向いていない人の特徴というのは今回紹介したもの以外にもたくさんの要素があると思いますが、大まかな参考として頂けますと幸いです。

これ以外にもこんな特徴があると思う!というものがあればコメント欄から教えてもらえますと助かります。

では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。