宅建とは

高卒者の宅建合格率や就職・給料についてまとめてみた。

今回は宅建は高卒でも合格を目指せるのかというテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
高卒なんだけど、何か国家資格を取得したいな。宅建なら受験資格など特にないって聞いたんだけど、いけるかな?

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を読んでもらえれば、高卒の方が宅建に合格するための方法やおすすめの資格を知ることができます。

ぜひ最後まで読んでいただいて、今後の参考にしていただけますと幸いです。

宅建は高校生・高卒でも合格を目指せるのか?

宅建士は高校生・高卒の方でも目指せる資格です。

宅建には年齢制限や受験資格の要件はありませんので、どなたでも受験することができます。

最も若い人だと12歳で合格した人もいるくらいです。

なので、自分に合った教材を見つけて勉強を継続していけば、高卒の方でも宅建は十分に目指すことが出来る資格という事になります。

人並みの理解力と暗記力があれば、学歴に関わらずどなたでも合格を目指せます。

宅建試験に高卒の合格率は?

宅建試験における高卒の合格率は正確には公表はされておりません。

ただ宅建試験に高卒で合格するのはそれほど難しいことではありません。

宅建士の合格率は毎年15%から18%の範囲であることが多く、やや難しいレベルの資格試験だという事ができます。

一方で受験者の5〜6人にひとりが合格する資格でもあるので、合格する可能性は十分にあります。

試験を受ける人の中には、十分に勉強をせずに受験する人も結構な割合でいますので、それを考慮すれば、しっかり勉強をして試験に臨んだ方の合格率はもっと高くなります。

合格するために必要な勉強時間は約300時間~500時間と言われていますので、一年間かけてコツコツ勉強すれば十分合格を目指せる資格と言えます。

宅建高卒の就職に有利な理由

宅建の資格を持っていれば、高卒・大卒に関わらず就職に有利です。

まず不動産会社にとっては宅建士の存在はなくてはならないものですし、従業員数に対して宅建士は何人いなければならないなど制限もあります。

そして、不動産会社以外に就職を考えている人にも有利です。

なぜなら宅建の資格所有者というのは、それなりの勉強量と苦労をして取得しているので努力できる人間として見てもらえます。

医者や弁護士までとは言えないですが、一種のステータスとして胸を張ることができます。

宅建高卒の給料

宅建に合格した高卒の方の給料は、約470万円と言われています。

高卒の方が宅建資格を取るメリットとしては、この資格を持って不動産取引業の仕事に就けば、比較的高い収入を得ることが出来るという事が挙げられます。

一つのデータによりますと、高卒の平均年収は約260万円であるのに対して、大卒の平均年収は約340万円と、学歴に応じて開きがあるのが現実です。

一方で、宅建士として企業に勤務した場合の平均年収は470万円から620万円とのデータもあり、大卒の平均年収を大きく上回ります。

このように高卒の方にとっては高い収入を得られるメリットがあります。

高卒の人が宅建資格を取るメリット

では、高卒の人が宅建資格を取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

以下考えられるメリットを3つまとめました。

  1. 将来的に独立のチャンスがある
  2. 不動産についてより詳しくなれる
  3. 転職にも役立つ

これらについて詳しく説明していきます。

将来的に独立のチャンスがある

宅建の資格を持っていて、不動産取引業の仕事で経験を積めばいずれ自分で事業を起こせるチャンスが広がります。

不動産仲介業には大きく分けて売買の仲介と賃貸の仲介がありますが、できればどちらも経験して、自分に合った仕事を見極めて始めるのが良いでしょう。

もちろん、売買と仲介の両方を取り扱う業者さんもあります。

街の不動産屋などに就職して、不動産仲介の経験を積んでから独立するのがおすすめです

不動産について詳しくなれる

高卒の人が宅建資格を取るメリットとしては、不動産について詳しくなれるという事があげられます。

宅建を持っていない人が町を歩いていて素敵な家だと感じる物件があったとします。

しかし、その物件が建っている地域の用途制限、高さ制限があるのか、など少し専門的な事になると宅建の資格を持っていなければ分かりません。

・どのような用途地域に建っているか
・どの位の高さ制限があるのか 等

それらによって、例えば隣に突然大きなビルが建つ可能性があるかや、向かいで飲食店の営業が始まる可能性がないか、などを知ることが出来ます。

宅建士の資格を取るにはそのような決まりをきちんと理解する必要があるので、一般の人よりも踏み込んだ目で不動産を見ることができるようになります。

転職にも役立つ

宅建の資格を持っていると、実は転職にも役に立ちます。

上記でも話した通り、一種のステータスとして努力のできる人として見られるので自分を売り込みやすくできますし、同じ不動産業界に転職を考えていても宅建士というのは不動産会社にとって喉から手が出る存在なので重宝されます。

その他にも、不動産事業をしたいが宅建士がいなくて新規事業に取り組めない会社、後は銀行なども土地開発をしているので転職を考えている方は役に立つと思います。

高卒者も宅建を取れば不動産業界に有利になる。

高卒者が宅建の資格を取ることは、もちろん不動産業界では有利になります。

不動産取引業で仕事をするために必要なのは、大卒かどうかなどの学歴ではなく宅建士の資格を持っているかどうかです。

宅建士の資格さえもっていれば、日本の国家が不動産取引をする資格者として認めてくれるわけですから、堂々と不動産業界の主役として仕事をすることが出来ます。

宅建の資格を持っていれば不動産業界では重宝されるのは間違いなしです。

高卒でも取れる宅建以外のおすすめの資格3選

“けんた”
“けんた”
高卒の方にお勧めする資格を3つ厳選しました!宅建との相性も良いので、かなりお勧めです。

日商簿記3級

高卒でも取れる資格としておすすめなのは、日商簿記3級です。

簿記と言う資格は、会社の決算と呼ばれる個人で言う家計簿のようなものを作るための仕事になります。

これを行うための基礎になる資格が日商簿記3級であり、法人のお金まわりの基本を身に付けることが出来る資格です。

法人は年に1回以上決算を行って、その期間の収入や費用、決算期末の預金や不動産などの資産の残高、借入金などの負債の残高を一覧にし、それに基づいて納税するという義務があります。

行政書士

高卒でも取れるおすすめの資格としては、行政書士があります。

行政書士の資格には受験資格がありませんので、年齢・性別・学歴・国籍に関係なく誰でもでも受験できます。

実務経験も必要ありませんので、まったく初めてでも一から勉強して受験することが出来ます。

また法律に関する知識が必要になる分野で、宅建の資格と学習範囲が被る部分が多くあり宅建取得者には有利な資格という事ができます。

行政書士の主な仕事は、例えば離婚などの法律行為の実務や、役所などへの書類の届け出を顧客に代わって行うことです。 

マンション管理士

高卒でも取れるおすすめの資格は、マンション管理士です。

マンション管理組合などを住民が自ら運営するのは難しく、マンション管理士の需要は高まっています。

この資格を持ってマンション管理を受託すれば、定期的に収入が入ることになります。

また一度受託すればその後は滅多なことで受託が解除されることもありませんので、不動産取引業の仕事をする上ではとても強い力となるでしょう。

この資格は、マンションの管理を住民や大家さんに成り代わって行うために必要な資格です。

高卒で宅建に合格するためのポイント

宅建の資格は、特別な受験資格もなく特別な才能がなくても合格することが出来ます。

ただし、合格するためには正しい努力を行うことが求められ間違った勉強法で継続していたら合格することは残念ながら難しいです。

では、どうすれば良いのか?

結論として、私は通信講座を利用することをお勧めします。

なぜなら通信講座は過去の傾向をプロたちが分析し、それを教材に落とし込んでくれているからです。

つまり、要点だけをまとめて勉強することができるのです。

どういった通信講座を選べば良いのかについては下の記事にまとめているのでぜひそちらを参考にしてみてください。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。