宅建 独学

宅建に独学で合格するために必要な勉強時間はどのくらい?

今回は、宅建に独学で合格するために必要な勉強時間はどのくらい?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建試験に独学で合格するにはどのくらいの勉強時間が必要なんだろう?頑張るにしてもある程度の目安を知っておきたいな。

できれば時間を短縮させて試験に合格したい。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建に独学で合格するために必要な勉強時間の目安
  2. 宅建に独学で試験に合格するために必要な考え方
  3. 独学よりも勉強時時間が短く合格する方法
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、実際に2ヶ月の勉強期間で宅建試験に合格しているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

独学で宅建試験合格を目指している方は是非最後まで読んでみてください。

宅建に独学で合格するために必要な勉強時間の目安

一般的に、宅建試験に合格するために必要な勉強時間は200~300時間というふうに言われています。

これはどういったデータをもとに算出されたのかはわからないのですが、私の感覚的にもこのくらいの勉強時間で合格した人が周りにも多い印象です。

とはいえ、注意して欲しいのは独学の場合には他の勉強方法に比べてどうしても勉強時間が必要になります。なぜならどこを重点的に勉強すれば良いのか最初は分からないからです。

“けんた”
“けんた”
独学の場合には300~400時間を目安にしておくのが良いと思います!

宅建に独学で試験に合格するために準備すること

独学で合格を目指すと決めた方は以下のことを事前にしておくことをお勧めします。

宅建に独学で試験に合格するためにしておいた方が良いこと
  1. 一日の学習時間をきちんと確保する
  2. なぜ宅建試験に合格したいのかを明確にする
  3. 自分にあった教材を選ぶ

これらをそれぞれ深掘りしていきます。

一日の学習時間をきちんと確保する

宅建に独学で合格するために必要な勉強時間の目安は、300時間とお伝えしましたがまずはその時間を確保することから始めましょう。

毎日3時間を100日間続ける必要があります。約3ヶ月間です。

この時間をいつ確保するのか?帰宅した後なのか、出社前なのか、またはお昼休みなのか。

きちんとこの時間は宅建の学習に時間を使う!ということを決めることは非常に重要なことです。

なぜ宅建試験に合格したいのかを明確にする

宅建に独学で合格する!と決意しても大半の人が試験に落ちます。

なぜなら、宅建試験の学習を1人で続けることができる人は少ないからです。ほとんどの人は最初こそ意気込むものの、途中で諦めてしまいます。

そうならないためにも、試験勉強を始める前になぜ自分は宅建試験に合格したいのかを明確にしましょう。

その思いが強ければ強いほど、学習を続けることができ、最終的にその継続が合格へと結びつけてくれます。

自分にあった教材を選ぶ

自分にあった教材を選ぶことも非常に大切です。教材が難しかったり、理解しにくかったりするとそれが原因で宅建の勉強をやめてしまう可能性もあります。

“けんた”
“けんた”
私自身も最初の購入したテキストが理解できず、諦めかけてしまった経験があります。

まずは自分がどのくらいのレベルで、どういったテキストなら学習が続けれそうかを考えていきましょう。

とはいってもどんなテキストを選べば良いのか考えるのは難しいと思うのでそういった方は別の記事で独学におすすめの宅建テキストを紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

【合格者が選ぶ】宅建独学におすすめのテキストランキング7選宅建独学におすすめのテキストランキング8選を完全徹底比較でご紹介します。またテキストの適切な選び方も解説あり。教材選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。...

宅建に独学で合格を目指すのにおすすめの勉強法

宅建に独学で合格するためにおすすめの勉強方法も紹介しておきます。

  1. まずはテキストを使って基礎知識を身につける
  2. 過去問を使って演習問題を解く
  3. 市販の模試で発展問題を解いてみる

それぞれ1つずつ解説していきます。

まずはテキストを使って基礎知識を身につける

まずは当たり前ですが、基本テキストを使って基礎知識を身につける必要があります。

おすすめのテキストは、みんなが欲しかった宅建士の教科書です。


テキストのどこに何が書かれているかまで分かるレベルまで勉強すれば宅建試験に合格できる可能性はグッと上がります。
一番大切なステップなので、しっかりと時間をかけて頑張りましょう。

過去問を使って演習問題を解く

ある程度テキストの内容が頭に入ってきたら、次は過去問を解いていきましょう。

過去問を解くメリットは、どんな傾向の問題が出題されるのかを把握することができ、さらに自分の知識の定着化を知ることができることです。

過去問を使った学習方法に関しては別の記事でも取り上げているので、是非そちらを参考にしてみてください。

【直前期必見】宅建で過去問を使った具体的な勉強方法宅建の過去問を使った具体的な勉強法について解説しています。宅建の過去問をどのように活用すれば良いのか分からないという方は是非参考にしてみてください。...

市販の模試で発展問題を解いてみる

過去問だけを解いているとある程度慣れてきて、問題の答えを覚えてしまうはずです。

その段階で、最後に市販の模試を購入して新しい問題にチャレンジしてみましょう。

市販模試は各予備校が毎年の出題傾向を分析し、今年の試験に出題されるであろう問題をまとめてくれています。

問題のレベルも高めですが、試験前に3冊くらいはこの市販模試を解いておくことをお勧めします。

独学よりも短い時間で宅建に合格する方法

さて、ここまでは独学で宅建試験にかかる時間(300~400時間)と、おすすめの学習方法を解説してきましたがここまで読んだ方の中で次のようなことを思う人もいるのではないでしょうか。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建に独学で合格するのって結構な勉強時間が必要だな。。

勉強する時間って忙しくてそんなに取れないし、できればもっと短い時間で合格した!

結論、こういった方におすすめの学習方法は通信講座を使うことです。なぜなら通信講座は合格するために必要なポイントを抑えており、独学に比べて効率的に学習ができるからです。

宅建に通信講座で合格するために必要な勉強時間

では通信講座を使った場合、どのくらいの勉強時間で宅建に合格することができるのでしょうか。

“けんた”
“けんた”
これはあくまでも人によりますが、独学の半分くらい(150~250時間)で十分合格を狙うことができるのではと思っています。(私自身は通信講座を使って250時間ほどでした)

独学にこだわるのも良いのですが、少しお金を投資してでも効率的に勉強をした方が結果的に良いのではないでしょうか。

さらに実は最近の通信講座の場合には、合格後にキャッシュバック制度が用意されているところもあり、独学よりも結果的に安く宅建に合格できるケースもあります。

その辺りは別の記事でまとめているので、独学よりもさらに短い時間で宅建に合格したいという方は是非参考にしてみてください。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

独学だと勉強時間がかかるので、別の方法も検討してみよう

今回は、宅建に独学で合格するために必要な勉強時間はどのくらい?というテーマで記事を書いてきました。

結論としては、独学の場合だと300~400時間ほどが目安ということでした。通信講座を使った場合にはこれの半分くらいの時間になる人が多いです。

よっぽどの理由がない限りは独学よりも通信講座を使って短い勉強時間で合格を目指すことの今のところベストな選択ではと思っています。

今独学で宅建試験合格を目指している方の何か参考になれば幸いです。では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。