宅建通信講座

宅建では食えないと馬鹿にされるけど本当なのか?

今回は宅建では食えないと馬鹿にされるけど本当なのか?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の資格では食えないと馬鹿にされるんだけど、それって本当なのかな?それなら宅建を取得必要する必要がないけど。。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建では食えないと馬鹿にされるけど、本当なのか?
  2. 宅建は食えないと馬鹿にされる原因
  3. 宅建を取れば食える3つの理由 
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は宅建士として不動産会社に勤務していたので今回の記事は信憑性があるはずです。

宅建士をこれから目指しているけど、食えるのか心配…という方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

宅建では食えないと馬鹿にされるけど、本当なのか?

結論として宅建で食えないというのは嘘です。

“けんた”
“けんた”
なぜなら不動産業界において宅建士は非常に重宝されているからです。

というのも、不動産業務において宅建士には独占の業務が存在します。つまり、宅建士にしかできない仕事があるということです。

物の価値は希少性によって決まりますが、不動産業界において宅建士は確実に希少性の高い存在な訳です。

つまり、宅建士では食えないというのは嘘だという結論になりますね。

宅建は食えないと馬鹿にされる原因とは?

ではなぜ宅建は食えないと馬鹿にされるのでしょうか?

その答えは宅建士のことをあまり知らない人がそれを言っているからですね。

この記事を読んでいるあなたはおそらく周りの誰かに「宅建士は食えない」と言われたのだと思います。

ここで質問なのですが、その人は宅建の資格を持っていますか?

もしもその答えばNOなのであれば、その人のことを信じる必要はありません。

私の知る限り宅建の資格を持っていてそんなふうに話す人を見たことがないからです。

宅建を取れば食える3つの理由

私は宅建を取れば食えると本気で思っています。

その理由が次の3つです。

  1. 宅建士には独占業務が存在する
  2. 5人に1人は宅建士がいなければ不動産業務が行えない
  3. 宅建士の求人はたくさんある

それぞれについて詳しく解説していきます。

宅建士には独占業務が存在する

先ほども書きましたが宅建士には独占業務が存在します。

それによって宅建士は不動産業界において非常に重要な役割を担っています。ちなみに宅建士の独占業務は次の3つです。

宅建士の独占業務
  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項説明書への記名・押印
  3. 契約書(37条書面)への記名・押印

これらの業務を宅建士以外の人が行った場合には宅建業法違反となります。

5人に1人は宅建士がいなければ不動産業務が行えない

不動産の営業を行うにあたって5人あたりに1人は宅建の資格を持っている人が必要になります。

逆にいうと宅建の資格を持っている人がいなければ不動産の営業活動を行なってはいけません。

このことからも分かるように多くの不動産会社は宅建の資格者を求めています。つまり宅建士は食べていけることになるのです。

宅建士の求人はたくさんある

「宅建士 求人」で調べてもらえるば分かると思うのですが、かなり多くの求人情報が出てくるはずです。

百聞は一見にしかずです。

宅建士がなぜ食べていけるかを多くのことを語るよりも、実際の求人を見てみるのが一番早いですね。

宅建士の将来性は?

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士の将来性ってどうなんだろう?せっかく頑張って合格したのに価値がなくなったら嫌だな…

おそらくこんな風に考えている方もいると思います。

私自身も宅建に合格したら安定するのかな?と思っていました。

結論、宅建士の将来性はかなり高いです。なぜなら不動産業界がなくならない限り宅建士の存在は無くなる可能性が低いからです。

もちろん100%というわけではありませんが、それはどの仕事でも共通して言えることですね。

宅建に合格するための効率の良い勉強方法

ここまでで、宅建の将来性が高いことは理解いただけたと思います。

“お悩み君”
“お悩み君”
で、どうやったら宅建に合格できるんだ。。

ここが気になるところですよね、、

今回の記事では詳しく解説しませんが、こちらは別の記事にまとめているのでこれから宅建試験の合格を目指そうと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いています。短期合格を目指すのにおすすめの通信講座も紹介しているので是非参考にしてみてください。...

将来的に一生食べていける仕事は存在しないが、宅建士はかなりおすすめ

どの仕事を選べば一生食べていけるのかというのはすごく気になることだと思うのですが、結論としてそんな仕事は存在しません。

これから将来どんなことが起こるのかは誰にも分かりませんし、どの仕事がなくなるかも分かりません。

“けんた”
“けんた”
ただその中で宅建士の需要はなくなりづらいですし、不動産業界がなくなることもなかなか考えにくいです。

なのでこれから安定した職を探したいと思っている方は宅建士を選んでみるのも1つ手なのではないかと思います、

では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。