宅建とは

宅建は意味がない・役に立たない・オワコン?必要性について論破してみた

今回は宅建は意味がない・役に立たない・オワコン?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建試験に挑戦してみようと思っているんだけど、宅建とっても意味がないの?友達が宅建はオワコンって言ってたんだけど、どうなのかな。。

こう言った方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことがわかります。

この記事で分かること
  1. 宅建は意味がない・役に立たない・オワコンなのか?
  2. 宅建はやめとけと言われる理由
  3. 宅建資格の必要性や将来性
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、宅建士として実際に勤務していたのでこの記事の信憑性はある程度担保されるはずです。

宅建に興味があるけど合格しても意味がないのでは…と心配している方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

宅建は意味がない・役に立たない・オワコンなのか?

結論、宅建はかなり役に立ちますし、オワコンではありません。

というのも宅建に合格すると宅建士として独占業務を行うことができますし、不動産営業をする場合には5人に1人は宅建士が必要だからです。

つまり、宅建士は不動産業界においては市場価値がかなり高いです。

もしあなたの周りに宅建は役に立たないとかオワコンとか言っている人がいたら、その人に宅建の資格を持っているのか聞いてみましょう。

宅建はやめとけと言われる理由

“お悩み君”
“お悩み君”
でもなんで、宅建はやめとけって言われるんだろう?

結論として次の3つの理由から宅建はやめておけと言われていると考えます。

  1. 宅建について知識のない人が言っている
  2. 宅建に合格するのは難しいと思われている
  3. 宅建を持っていても営業マンとして成功できるとは限らないから

これらについてそれぞれ深堀していきます。

宅建について知識のない人が言っている

まず第一にそもそも宅建についての知識がない人が宅建はやめておけと言ってるケースがあります。

“けんた”
“けんた”
宅建について知識がない人が役に立たないと言っているのはおかしな話ですよね。

とはいえ、結構このケースは多かったりします。

何も知識がない人のいった宅建は役に立たないとかオワコンという言葉を信じて宅建の取得を止めるのはもったいなさすぎです。

宅建に合格するのは難しいと思われている

次に宅建に合格するのは難しいと思われているケースです。

宅建の合格率は毎年15%前後です。

なので、普通に勉強を頑張らないと試験には落ちます。

宅建は勉強しても合格できない→宅建はやめておけ。こんなふうな流れ言われているのが理由としてありますね。

宅建を持っていても営業マンとして成功できるとは限らないから

宅建の資格を持っていることで、不動産業界での市場価値は上がります。

なぜなら宅建士にしかできない仕事が不動産の仕事においては存在するからです。

とは言っても宅建の資格があるからといって営業がうまくいくわけではありません。

営業でバリバリと稼いでいる一部の方が宅建はいらない!と言っているのかもしれません。

宅建が役に立つ3つの理由

宅建が役に立つ理由は大きく次の3つだと考えます。

  1. 宅建士しかできない独占業務が存在するので就職・転職に有利
  2. 5人に1人は宅建士がいなければ不動産業務が行えない
  3. 宅建を持っていると年収がUPする

それぞれについて詳しく解説していきます。

宅建士しかできない独占業務が存在するので就職・転職に有利

宅建士には以下の独占業務が存在します。

宅建士の独占業務
  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項説明書への記名・押印
  3. 契約書(37条書面)への記名・押印

これらの業務を宅建士以外の人が行った場合には宅建業法違反となるため、宅建を持っていることでかなり就職や転職が有利になります。

5人に1人は宅建士がいなければ不動産業務が行えない

不動産の営業を行うにあたって5人あたりに1人は宅建の資格を持っている人が必要です。

なので宅建の資格を持っていることで仮に営業で成績が出なくても、自分は宅建を持っているというふうに考えることができます。

ルール上必ず宅建士の資格を持った人が必要なので、宅建を持っていることで役に立ちます。

宅建を持っていると年収がUPする

宅建士の資格を持っていることで毎月資格手当をもらうことができます。

会社によって異なりますが、5000~30000円が相場です。

一度取得してしまうだけで、毎月の給料がUPするのでかなり役に立つ資格といえます。

宅建資格の必要性や将来性

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の資格の必要性は将来性ってどうなんだろう?

結論として宅建の必要性や将来性はかなり高いです。

繰り返しになりますが、宅建には独占業務が存在します。つまり宅建士にしかできないことがあるわけです。

私の周りの不動産会社でも宅建の資格を持っている方を探している方はかなり多いです。

宅建に効率よく合格するための勉強方法

“けんた”
“けんた”
結論として通信講座を使うのが宅建に効率よく合格するための勉強方法です。

なぜなら私自身も通信講座を使うことで宅建に2ヶ月で合格することができたからです。

通信講座を使って3ヶ月で合格するための方法は別の記事にまとめているのでぜひそちらを参考にしてみてください。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いています。短期合格を目指すのにおすすめの通信講座も紹介しているので是非参考にしてみてください。...

結論、宅建はめちゃくちゃ役に立つ

今回は宅建は意味がない・役に立たない・オワコン?というテーマで記事を書いてきました。

“けんた”
“けんた”
宅建はめちゃくちゃ役に立ちます!

宅建が役に立たないと言っている人は資格を持っていない人のパターンが多いです。

その言葉を信じずに、ぜひ宅建合格を目指して頑張ってみてくださいね!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。