プロフィール

宅建・行政書士の独学教室をご覧いただきありがとうございます。

管理人のりょうすけです。

私は2016年に宅建試験に合格し、その後2019年に行政書士試験に合格しました。

学習期間は宅建が3ヶ月、行政書士が10ヶ月でどちらも一発合格することができました。

宅建取得後は不動産会社に転職をし、今現在は行政書士として独立をするために準備を進めている最中です。

ここではそんな私が宅建・行政書士の資格取得するまでの道のりをお話をさせていただければと思います。

これから試験合格を目指している方のために何かお役に立てば幸いです。

毎日帰宅するのは日付が変わってから

私は大学卒業後、営業会社に就職しました。当時の私は

“りょうすけ”
“りょうすけ”
どこでも大丈夫でしょ。

と軽く考えており、とりあえず一番最初に内定をくれた会社に就職することにしました。

今思えばこの決断が間違いでした。

就職した会社は俗に言う『ブラック会社』で、朝の7時に家を出発して、帰宅するのは毎日日付が変わってから。会社に泊まることもよくありました。

上司から罵られることは毎日のことで、営業のノルマが達成できなければみんなの前でさらし者にされ、精神的苦痛の中で毎日出勤の時には胃が痛くなっていました。

休日出勤も普通のようにあり、たまにある1日休みは疲れ切って夜まで寝て終わり。そしてまた地獄の1週間が始まる。

今思い出すだけでも恐ろしい日々でした。

このままじゃダメだ!何かを変えないと

そんな生活を1年ほど続けた時のことでした。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
自分ってなんのために生きているんだろう?

ふとそんなことを考えました。

毎日仕事と家だけを行き来する生活。休日にはどこかに出かける元気もなくただ一日寝て終わるだけ。嫌味な上司にペコペコと頭を下げながらご機嫌を伺う毎日。

唯一の楽しみは帰り道のコンビニで立ち読みをして帰ることくらい。

こんな生活が後40年以上も続くのかと思うと生きる意味を見失いました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
このままじゃダメだ!何かを変えなければ

そんな思いが心の底から込み上がってきました。

転職をするのも一つの手だけど、結局会社に勤めている限りはその会社のルールに従わないといけない。次の会社がもっとブラック企業の可能性だってある。それだったらもう自分で独立をするしかない。

そんな考えに至りました。

とはいえ、私に何かができるわけでもなりませんでした。特別なスキルも才能も持ち合わせていません。

困った私は友達にこのことを相談してみました。

すると

“友人A”
“友人A”
それなら宅建をとって不動産会社を自分で作ればいいんじゃない?資格があれば作れるみたいだし。
“りょうすけ”
“りょうすけ”
そ、それだ!!!

友達のアドバイスは暗闇の中にいた私に一筋の光を与えてくれました。

その日の帰り道にすぐさま本屋さんによって宅建の教材を購入し、勉強を始めました。

帰宅後毎日1時間の勉強

それからは毎日帰宅後、1時間以上は宅建の勉強を続けました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
今日は疲れたし勉強は辞めておこうかな…

そんな弱い自分の気持ちが出てきたときにも、今の環境からとにかく抜け出したい!その思いがモチベーションとなって続けることができました。

毎日寝不足気味でしたが、目標があるのでそれに向かって頑張ることができました。

今までなら1日中寝ていただけの休日も、全て宅建の勉強のために時間を使いました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
なんだか良い方向に進んでいるな。

そんな風にこの時は感じていました。

試しに過去問を解いてみた結果…

少し勉強が進んできたので軽い気持ちで過去問を解いてみることにしました。

結果は、なんと50点満点中たったの11点。

ここまで寝る間も惜しんで頑張ってきたのに半分も取れていない現実。

一生懸命覚えた内容も試験には全く出題されていませんでした。

正直この結果に私は絶望しました
だってネットを見てみると宅建にいとも簡単に合格した人たちが大量にいるんです。

  • 宅建に1ヶ月の独学で合格!
  • 過去問だけを解いていれば合格できた
  • 誰にでも受かる簡単な試験

もしかしたら自分にもこの人たちみたいに合格できるんじゃないかな?そう思っていました。しかし、そんな淡い望みは一瞬で消え去りました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
結局宅建に受かるのって一部の頭が良い人たちだけなんだろうな…

そんなことを思うようになっていました。

宅建の勉強を辞めようと思った

これだけ勉強をして11点しか取れないなら宅建の勉強なんて辞めようと本気で思いました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
どうせ合格できないんだったら休日寝ている方が疲れも取れるしまだマシだ!

自分には昔から勉強のセンスがない。学生時代の成績はいつもビリだった。だから大人しく宅建合格を目指すのは諦めてしまった方が良いんだ。

そんな風に本気で宅建の勉強を辞めようと思っていました。

でも…

宅建の勉強を辞めることはできませんでした

なぜなら、ここで宅建の勉強を辞めてしまうとまた地獄の日々が私のことを待っているからです。

  • 毎日朝から夜まで好きでもない仕事を家畜のようにこなす日々
  • 休日は疲れきって1日中家で寝ているだけの日々
  • 1週間の楽しみは唯一コンビニでの立ち読みだけの日々
  • 毎日ペコペコ頭を下げながら嫌味な上司の機嫌を取る日々
  • 厳しいノルマを課されて、達成できなければみんなの前で笑い者にされる日々
  • 通勤のたびに精神的な苦痛で胃が痛くなる日々

こんな地獄の日々から絶対に逃れたい!

その思いから宅建の勉強を辞めることはできませんでした。

もっと人生で楽しい時間を過ごしたいし、自分の時間も大切にしたいし、やりがいを感じる仕事をしたい。

だから宅建に合格することは諦めることができませんでした。

宅建の勉強を諦めずに続けた結果

宅建の勉強を諦めず、毎日勉強に取り組み続けました。

来る日も来る日も睡魔と戦いながら机の上の教材と向き合いました。いつの間にか寝落ちをしてしまい、気づいたら朝だったことは何度もあります。

こんなにも何か1つのことを続けることができたのは人生で初めてでした。

1日1時間以上の勉強を続けることができた結果、少しずつ宅建試験の全体像が見えてきたように感じました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
 勉強を始めるときに比べたら自分はかなりレベルアップをしているに違いない!これだけやってるんだから結果にも出るはずだ

そう思い、もう一度以前とは違う年度の過去問を解いてみることにしました。

その結果は…

前回よりたったの2点しか上がらなかった

前回の11点から2点だけ上がっただけの13点でした。

全く成果は出ませんでした。

2点上がったのも勘でマークをした問題がたまたま当たっただけなので実際には前回とほとんど変わった気はしませんでした。

毎日自分を奮い立たせて勉強をしたのに全く報われない。状況は一向によくならない。

そんな日々に嫌気がさしていました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
やっぱり合格できるのは一部の選ばれた人だけなんだろうか?自分はどれだけ勉強を続けても合格することはできないのかな。どんな勉強方法をすれば合格できるんだろう。

毎日そんなことを考えながら悶々とした日々を過ごしていました。

しかし考えたところで答えは出ることなく、『結局自分には無理なのかな…』と諦めかけていました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
自分の人生って何をやっても上手くいかないな。

そんな絶望すら感じていました。

絶望の中で訪れたチャンス

しかしそんなある日のことでした。

知り合いに宅建の合格者がいて、その人と話すことが機会がありました。彼は通信講座のユーキャンを使ってなんと3ヶ月という短期間で宅建に合格したと話していたのです。

その話を聞いた私はすぐさま通信講座で有名な『ユーキャン』に申し込みました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
自分もこの人みたいな通信講座を使えば宅建に合格できるかもしれない!

届いたテキストを初めてみたときの感想は、『めっちゃわかりやすそう!!』でした。

この教材を使えば落ちこぼれの自分でも合格を目指せるはずだ!!直感的にそんなことを感じました。

ユーキャンで学習したら過去問が30点を超えるようになった

その後、1ヶ月間ユーキャンを利用し猛勉強をしました。テキストが分かりやすいので勉強が苦痛に感じることは一度もありませんでした。

自分の中でもかなり成長を感じていたのでもう一度別の過去問に挑戦することにしました。

すると今まで半分の得点も取れなかった私が一気に31点を取ることができたんです!

今まで取ったことのない点数に興奮する自分を抑えながらその後も黙々と勉強を続けました。

だんだんと試験の点数も安定するようになってきて、試験前にはどの過去問を解いても7割以上は取れるようになっていました。

当日は8割越えの点数で余裕合格!

ユーキャンの学習で自信をつけた私は本番当日を平常心で迎えることができました。

結果としては、なんと8割以上の得点を取ることができ、余裕の点数で試験に合格をすることができていました!

合格後は無事に転職にも成功し、さらに宅建を持っていることによって社内での私の発言力も高まりました。

昔のように上司からパワハラを受けることもなく、今は最高の環境で仕事ができるようになりました。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
こんな自分でもやればできるんだ!宅建に合格する前よりも自分に自信を持てるようになった!

今まで何をやっても上手くいかなかった私が、あの日ユーキャンに出会ったことで人生をガラリと変えることができました。

あなたにも私と同じ間違いをして欲しくないです

これを今読んでいるあなたには私と同じようように間違った方向の努力をして欲しくないです!

私は学生時代から全く勉強ができず、成績はクラスの中でいつも底辺でした。

そんな私でも正しい努力を続けることで宅建と行政書士に合格することができました。だからあなたにも絶対にできるはずです。

独学で私の成績が伸びなかった理由、それはただ闇雲に勉強を続けていたからです。

よく宅建や行政書士って何時間くらい勉強したら合格できますか?と聞かれますが、間違った方向に努力をしていたらどれだけ時間をかけても合格できません。

私の周りでも、ずっと勉強を頑張っているのに5年連続で試験に落ちている人もいます。

他人事ではありません。私だってあの時ユーキャンを使わずに、勉強を続けていたら今でもまだ宅建に合格できていないはずです。おそらく途中でリタイアしていたでしょう。

宅建に本気で合格したいなら通信講座を使うべき

これから宅建・行政書士を目指す方には間違った努力の方向に進んで欲しくないと私は本気で思っています。

もしあなたがこれから失敗せずに宅建試験に合格したいと思っているのなら、宅建の通信講座を使ってみてください。

私が実際に体験したようにきっとあなたの人生を変えるきっかけになるはずです。私自身は、ユーキャンを使って合格しましたが、人にそれぞれ適している通信講座は違うはずです。

当サイトでは宅建通信講座を徹底的に比較し、各々のニーズにあったおすすめの通信講座を紹介しています。

これから宅建試験に合格したい!という方はぜひおすすめの宅建通信講座についてまとめた記事を参考にしてみてください。きっと宅建合格の可能性をあげることができるはずです。

宅建通信講座はどこがいいの?おすすめ人気ランキング11選【徹底比較】宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...