宅建とは

宅建を使った副業はいくら稼げる?仕事を探す方法も解説。

今回は宅建を使った副業について取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建を使って副業ってできるのかな?今のすごとを続けながらでも副業として宅建の資格を活かせたら嬉しいな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば、宅建を使った副業の内容やいくらくらい副業で稼げるのかを知ることができます。

宅建を使って副業を考えている方の参考になると幸いです。

宅建の資格取得により副業することはできる?

宅建の資格を持っていれば、副業をすることは可能です。

宅建は毎年約20万人が受験する人気資格であり、それだけの需要がある資格ということが言えます。宅建の資格を取得することで、副業として少しずつ収入を得ていくという方法も、今の時代ではとても注目されるお金の稼ぎ方であると言いうことが出来ます。

また宅建は医師や税理士といった国家資格である宅建士という免許を持つことが出来る資格ですので、宅建士として登録することにより、宅建士にしか出来ない独占業務を行うことができ、これを武器にして優位に仕事を見つけることも可能です。

また、独占業務以外にも副業としていくつかの収入を得る手段があります。

宅建の資格を使ってできる副業

“けんた”
“けんた”
では、宅建の資格を使ってできる副業をいくつか紹介していきますね!

宅建士として独占業務を行う

宅建士には、宅建士にしかできない、いわゆる独占業務という仕事があります。

例えば不動産仲介の際に顧客に対して行う「重要事項説明」や、「重要事項説明書への記名押印」「契約内容記載書面への記名・押印」といった業務がそれにあたります。

不動産仲介業、いわゆる不動産屋さんは、仲介を行うために自社に必ず宅建士を配置する義務があり、仲介の際には宅建士がこれらの業務を行う必要があります。

宅建士の人数がぎりぎりであるような店舗によっては、独占業務を代行してくれる宅建士を単価制などで募集している場合があります。

WEBライター

宅建士の資格を持っていれば、それを使ったWebライターの仕事をすることが出来ます。

たとえば、宅建士に合格するためにはどのような勉強をすればよいか、というような記事を執筆することで報酬を得ることも可能ですし、住宅などの不動産、金融などお金が絡む記事の執筆にあたっては宅建士の資格はとても重宝される傾向にあります。

Webライターの仕事は、特に資格がなくても始められますが、宅建士を持っていることで有利に仕事をすることが出来ます。

予備校の講師

宅建士の資格を持っていれば、資格試験の予備校での教師の仕事を副業としてすることが出来ます。

いわゆる予備校講師という仕事を、本業が終わった夕方以降や休日に行うという副業になります。

宅建の試験に合格するために予備校に通う人は増加しており、この仕事は割と時間当たりの単価が高い傾向にあります。

さらに場合によって宅建の試験合格のための家庭教師の副業もありますので、それであればさらに単価の高い仕事を受けることが可能です。

稼げる金額は?

それぞれの副業によってもちろん単価には違いがあります。

たとえば独占業務の代行であれ時間当たり1000円から1500円程度が相場になります。一取引当たりいくら、という単価制の仕事を受けることもあります。Webライターの場合は、受ける仕事によって単価が大きく異なります。

最初は受給換算で500円程度と言う場合もありますが、仕事に慣れていくことで効率よく仕事がこなせたり、執筆レベルが上がることで仕事の単価が上がったりしますので、1時間の執筆で5,000円程度稼げるようになることも出来ます。

予備校講師の仕事は時給3,000円以上となることが多く、また最近はオンラインでの授業も増えているので効率よく収入を得ることが出来ます。

宅建副業のメリット

“けんた”
“けんた”
宅建副業にはメリットについてご紹介していきますね。

比較的仕事が探しやすい

宅建の資格を持って副業をするメリットとしては、ひとつに比較的仕事が探しやすいという点があります。

資格を取得すれば比較的需要が高いので、売り手市場で優位に仕事を探すことが可能です。

また、試験合格後に宅建士としての免許を保有していれば、実際の不動産取引での仕事を経験する事も可能です。

またこの経験を通して不動産業界での経験を積むことが出来れば、将来不動産業界に転職したり、その先には不動産会社の経営など仕事の展望を開くことが出来ます。

比較的高単価での仕事を得られる

宅建の資格を持っていて副業をするメリットとしては、比較的高単価での仕事を得られるというメリットがあります。

宅建は国家免許であるため、いわゆる独占業務が割り当てられていて、宅建士にしか出来ない仕事があります。

医師免許や弁護士免許、税理士免許と同じ位置づけになる訳ですから、その意味での需要は自ずと高くにあり、宅建を持っている事で比較的高い副業での収入を得ることが出来ます。

また予備校講師やWebライターの仕事でも比較的高単価の仕事を得ることが可能です。

副業で宅建の仕事を探す方法

“けんた”
“けんた”
宅建の資格を持っている方が副業を探す方法はいくつかあります。

インターネットの求人サイト

ひとつはインターネットの求人サイトで探す方法です。アルバイトなどの求人サイトを使ってキーワードに宅建士などのワードを入れることにより、比較的簡単に仕事を探すことが可能です。

この方法では主に、独占業務の代行の仕事や、予備校での講師、または家庭教師の派遣といった仕事を見つけることが可能です。

不動産屋などでアルバイトを募集している店舗を探す

また別の方法として、近所の不動産屋などでアルバイトを募集している店舗を探して直接聞いてみると言う方法もあります。

宅建士の資格保有者が不足していれば仕事を受けられることもありますし、将来一時的に有資格者が不足するような場合に声がかかるように連絡先などを交換しておくのも良い方法です。

クラウドワークスやランサーズ

さらに別の仕事の探し方として、クラウドワークスやランサーズといったフリーランス向けの仕事受注サイトを使って仕事を探す方法があります。

これらのサイトでは、主に宅建の資格保有者としての記事の執筆の仕事を見つけることが出来ます。

宅建を使って副業する際の注意点

まず、宅建士としての独占業務代行をするためには、試験に合格するだけではなく、宅地建物取引士としての免許を取得しておく必要があります。

そのためには研修を受けたり費用が掛かりますので、これは経費としてみる必要があります。

ライターや講師の場合は必ずしも免許は必要ではありませんが、持ってるに越したことはありません。

もうひとつの注意点は、副業で収入を得た場合には、本業が給与所得であれば、事業所得や雑所得の確定申告が必要になる点です。これを行わないと正しい納税が行えませんので注意が必要です。

宅建士以外に副業に役立つ資格3選

“けんた”
“けんた”
では、宅建士以外にも副業として役に立つ資格をご紹介していきます。

行政書士

宅建士以外に副業が出来る仕事として、行政書士があります。

この資格は、一般的に代書屋などと呼ばれることもありますが、一般の方に代わって役所などに提出する書類を作成して届け出や申請を行う仕事です。

たとえば事業に付随する宅建業免許や飲食店営業許可の申請、各種給付金の申請や、自動車の車庫証明を取得する仕事などがこれにあたります。

比較的単発的な仕事にはなりますが、年間を通して考えればある程度の仕事を得ることが出来ます。

日商簿記

日商簿記の資格を持っていれば、副業を得ることが出来ます。

簿記の資格と言うのは、法人の決算を組むために必要な資格で、簡単に言えば会社の帳簿を付ける仕事になります。

実際には税理士事務所などの税理士が責任をもって行う業務になりますが、中規模以上の税理士事務所ではその補助業務を行う人が、いわゆる記帳代行という仕事をしていることが多くあります。

この仕事を行うには簿記の知識がある必要があります。12月や3月などの繁忙期には人手が不足することがあり、このような時期に副業の仕事を得ることが出来ます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、副業を見つけやすいことが多くあります。

この資格は、個人の資産形成に関するアドバイスを行うことが出来る資格で、金融に関する広範な知識を得ることが出来る資格です。

この資格を持っていれば、Webライターの仕事を得ることが出来たり、または自分自身でさまざまな個人の金融に関するWebサイトを運営することで、アフィリエイト収入を得ることも可能になります。

宅建を持っておけば副業でお金を稼ぐこともできる

今回は宅建の副業についてまとめてきまして。

宅建は就職にも役立ちますし、副業として仕事の幅を広げることができます。資格を使ってお金を稼ぎたいと思っている人にはおすすめの資格ですね。

このブログではどうすれば、宅建に短期間で合格することができるのかも紹介しているので、興味がある方はぜひ下の記事を読んでみてくださいね。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

 

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。