【期間3ヶ月】宅建に合格するためのロードマップ

宅建試験に3ヶ月という短期間で合格したい方向け。

当記事では、宅建試験に効率よく合格するための方法を1から解説。限りなく網羅的にまとめましたので、これから宅建試験の受験をする人や現在学習中の人は是非ご覧ください。

本記事の信憑性

当サイト管理人はこの方法で実際に2ヶ月間という短期間で、本試験では8割以上の得点で宅建試験に合格しています。
実際に合格実績のある方法なので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

【準備編】まずは宅建試験について知ろう!

宅建試験にちょっと興味がある・これから宅建試験を受験しようか迷っている。

こういった方はまず宅建とはどんな資格なのかを知ることから始めてみましょう。その上で良いなと思えば学習をスタートすればOKです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
以下で紹介する記事を読んでもらえれば、ある程度宅建試験のことをイメージできるはずです。

【人気NO1国家資格】宅建とは?試験概要・できること

人気NO1国家資格宅建とは?試験概要やできることを徹底調査!国家資格宅建とはどんな試験なのかについて解説しています。人気の理由や合格後にできること、試験の概要について取り上げています。宅建に少しでも興味がある方はぜひ読んでみてください。...

宅建を取得するメリット・デメリット【コスパ最強国家資格】

宅建を取得するメリット・デメリット【コスパ最強国家資格】宅建を取得することのメリット・デメリットに関して解説していきます。結論、宅建は国家資格の中で最もコスパの良い資格なのでぜひ合格を狙ってみたください。...

宅建士の平均年収はいくら?【年収1000万円も可能】

宅建士の平均年収はいくら?【年収1000万円も可能】宅建士の平均年収はどのくらいなのかについて解説しています。宅建に合格できれば年収1000万円も目指すことが可能です。年収を上げたいという人はぜひ宅建合格を目指してみてください。...

宅建合格点の決め方

宅建合格点の決め方を解説【合格率の推移は15%前後】宅建の合格点の決め方を解説します。毎年宅建試験の合格率は15%前後を推移しています。合格点の推移は上がってきています。今年の合格点が気になる方は是非参考にしてみてください。...

宅建に合格するために必要な勉強時間はどのくらいなのか?

宅建に合格するために必要な勉強時間はどのくらいなのか?今回は宅建に合格するために必要な勉強時間を紹介します。 こういった疑問を解決します。 この記事を読んでいただければ、...

【就活】宅建を持っていれば就職や転職に有利になるのか?

【就活】宅建を持っていれば就職や転職に有利になるのか?【求人多数】宅建は就職や転職に有利になるのか?というテーマでお話しします。現在就職活動で悩んでいる方にぜひ読んでもらいたい内容です。...

宅建士の仕事はきつい?気になる宅建士の業務内容

宅建士の仕事はきつい?気になる宅建士の業務内容宅建士の業務はきついのかについて解説しています。宅建士の仕事って何だかきつそう…実際に合格した後にはどんな業務をすることになるんだろう?と感じている方はぜひ参考にしてみてください。...

【準備編】宅建に合格するための勉強方法を決めよう

宅建試験に合格するための勉強方法としては主に次の3つが考えられます。

  1. 独学
  2. 通信講座
  3. 通学講座
“りょうすけ”
“りょうすけ”
この中で私がおすすめする学習方法が②の通信講座です。なぜなら通信講座は通学講座に比べて費用を抑えることができ、かつ独学よりも効率よく合格を目指すことができるからです。

私自身も通信講座を使って2ヶ月という短期間で合格することができたので、よっぽどの理由が無い限りは通信講座を選ぶのがおすすめです。

通信講座で宅建合格を目指すなら読むべき記事

“りょうすけ”
“りょうすけ”
宅建試験に最短で合格するためにはレベルの高い通信講座を選ぶことが効率的です。

通信講座に関する記事を参考にあなたに合った通信講座を選んでみてください。

ランキング形式で見るおすすめの宅建通信講座

宅建通信講座はどこがいいの?おすすめ人気ランキング11選【徹底比較】宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

ダントツでおすすめの宅建通信講座はフォーサイト!

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判を調査【合格率70%以上】宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

受講料の安さで選ぶならスタディング!【業界最安値】

宅建通信講座スタディングの口コミ・評判を徹底検証【業界最安値】宅建通信講座スタディングの口コミ・評判を紹介します。メリットやデメリットから評判まで全てを網羅的に解説。宅建通信講座をどれにしようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...

独学で宅建合格を目指すなら読むべき記事

“りょうすけ”
“りょうすけ”
金銭面での問題で、どうしても独学を選ばざるを得ないという方は以下の記事を参考にしてみてください。

宅建に3ヶ月の独学で合格するための方法

宅建に3ヶ月の独学で合格するための勉強法【8つの手順でOK】宅建に期間3ヶ月間の独学で一発合格するための勉強方法を解説します。宅建に独学で合格したいけれどどうすれば良いのか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...

宅建に半年の独学で合格するための勉強スケジュール

宅建に半年の独学で合格するための勉強スケジュール宅建に半年の独学で合格するための勉強スケジュールを紹介します。学習時間は300時間を前提にどの月にどんな学習をすれば良いかで悩んでいる人のロードマップになるはずです。半年で合格を掴み取りましょう!...

【比較】宅建独学におすすめのテキストランキング8選

【比較】宅建独学におすすめのテキストランキング7選【選び方も解説】宅建独学におすすめのテキストランキング8選を完全徹底比較でご紹介します。またテキストの適切な選び方も解説あり。教材選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。...

宅建民法の初学者におすすめする独学テキスト7選【苦手克服】

宅建民法の初学者におすすめする独学テキスト7選【苦手克服】宅建民法の初学者におすすめする独学テキスト7選を紹介します。この記事を読めばあなたに合った最適のテキストが選べるはずです。また民法の学習方法も取り上げているので是非参考にしてみてください。...

【1ヶ月目】基礎学習+各分野の学習方法を把握する

学習を始めた最初の1ヶ月目はとにかく基礎学習に努めましょう。具体的には基本テキストを読み込むことです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
最初はとにかく質よりも量を意識して、最低でも3周以上は自分が使っている基本テキストを読み込むようにしましょう。

それとプラスαでしておきたいことが、各分野の学習方法を把握することです。

ゴールを設定せずに闇雲に学習をしても迷ってしまうだけです。以下の記事を参考に各分野でそれぞれどのような勉強方法をするのが良いのか把握しておきましょう。

  1. 宅建学習1ヶ月目はとにかく基本テキストを読み込む(最低3周以上)
  2. 最初は質よりも量を意識。分からなくてもとにかく読み進めることが大切。
  3. 宅建試験の各分野別の適切な学習方法を理解しておく。

宅建試験の宅建業法で高得点を取るための勉強法【最重要分野】

宅建試験の宅建業法で高得点を取るための勉強法【最重要分野】宅建試験の宅建業法の勉強法を解説しています。宅建業法は宅建試験の中で最も得点が取りやすい分野です。しっかりとポイントを押させて高得点を取りましょう!...

宅建の権利関係を攻略するための勉強法【最難関分野】

宅建の権利関係を攻略するための勉強法【最難関分野】宅建の権利関係を攻略するための勉強法とコツについて解説しています。権利関係は宅建試験の中で最難関の分野ですが、きちんとした勉強法を行えばしっかりと得点を取ることができます。...

宅建の法令上の制限の攻略方法を分かりやすく解説

【宅建試験】法令上の制限の攻略方法を分かりやすく解説宅建試験で出題される法令上の制限の攻略方法を分かりやすく解説しています。最初は中々頭に入らない分野ですが、攻略することができれば得点源にすることができます。ぜひ実践してみてください。...

【2ヶ月目】過去問も上手に活用していこう

“りょうすけ”
“りょうすけ”
1ヶ月目である程度基礎学習を終えたら、2ヶ月目からは過去問などを使って学んだ知識をアウトプットしていくことが大切です。

過去問を実際に解き始める前に以下の記事を参考にしてみてください。

  1. 宅建学習2ヶ月目は過去問などを使ってアウトプットの量を増やす。
  2. 過去問を解くことで問題の出題パターンが段々と見えてくる。
  3. 分からないところがあればすぐに基本テキストを振り返る。

宅建試験は過去問だけで合格することはできるのか?

宅建は過去問だけで合格できるのか?【活用方法も解説】宅建は過去問だけで合格できるのだろうか?そんな疑問を持っているかたも多いはずです。 この記事では宅建試験に過去問だけで合格できるのか、過去問の上手な活用方法、オススメの教材などを紹介しています。...

宅建試験の過去問は何年分解けば良いのか?

宅建の過去問は何年分を何周解けば良いのか?【最低目安を解説】宅建の過去問は何年分解いた方が良いのか?宅建過去問のおすすめ勉強法や問題集についても解説しています。過去問を解くだけでは宅建の合格は難しいですが、宅建過去問を解くことで合格率をあげることはできます。上手に過去問を活用して合格を目指しましょう。...

宅建の過去問を使った具体的な勉強方法

【直前期必見】宅建で過去問を使った具体的な勉強方法宅建の過去問を使った具体的な勉強法について解説しています。宅建の過去問をどのように活用すれば良いのか分からないという方は是非参考にしてみてください。...

【3ヶ月目】模擬試験などを活用して新しい問題のパターンにも慣れていく

3ヶ月目はこれまで学んできたことを生かして、いろんな問題を解くようにしましょう。

このあたりは通信講座を利用していれば、各予備校が適切な問題集を用意してくれています。独学の方であれば、市販の模試を購入して解いてみるのもおすすめです。

最後の1ヶ月から試験本番までの間には以下の記事を読んでみてください。

  1. 3ヶ月目はこれまで学んだことをベースに新しい問題にもチャレンジ
  2. 問題を解く→弱点を見つける→基本に立ち返って復習が大切。
  3. 直前まで得点をあげることはできないので諦めず、続けましょう。

宅建のマークシートで失敗しないための5つのポイント【直前期必見】

宅建のマークシートで失敗しないための5つのポイント【直前期必見】宅建のマークシートミスで不合格になってしまうパターンがあります。どうすればマークシート転記のミスを防ぐことができるのかについてこの記事では解説しています。直前期に必見の内容。...

宅建の4択問題で選択肢を一瞬で絞れる裏技とは!?【試験直前期】

宅建の4択問題で選択肢を一瞬で絞れる裏技とは!?【試験直前期】今回は宅建試験の4択問題の選択肢を一瞬で切ることのできる裏技について解説していきます。 宅建の問題って基本的には四択の問題で構成さ...

【宅建試験前日】最後にこれだけはやっておくべき5つのこと

【宅建試験前日】最後にこれだけはやっておくべき5つのこと宅建試験前日の最後にこれだけはやっておくべき5つのことを紹介しています。明日が宅建試験という前日にぜひ...