宅建通信講座

宅建通信講座LEC(レック)の口コミ・評判を検証!合格率70%以上?

今回は宅建通信講座のLEC(レック)の口コミや評判について解説していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建通信講座のLEC(レック)ってどうなんだろう?実際に受講した人の口コミや評判を知りたいな。

こういった方に向けてこの記事は書きました!

  1. LEC(レック)とはどんな通信講座なのか?
  2. 宅建通信講座LEC(レック)を利用するメリット
  3. 宅建通信講座LEC(レック)を実際に利用した人の感想
“りょうすけ”
“りょうすけ”
ちなみにこの記事を書いている私は実際に通信講座を使って宅建試験に2ヶ月間で合格をしているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

宅建に合格ができないと悩んでいる人はぜひ自分にぴったりの宅建通信講座を選んで最短で合格を目指してみてください!

いますぐ登録したい方はこちらから

 

宅建通信講座LEC(レック)とは?

LEC東京リーガルマインドは、資格受験指導37年の実績があり、司法試験、司法書士、弁理士をはじめとする各種国家資格および検定受験の対策講座を全国展開する資格取得・通信教育のスクールです。

圧倒的な情報量と蓄積されたノウハウで、数多くの合格者を出してきた実績を元に、常時10,000近くの商品ラインナップを揃えている大手の通信講座です。

宅建通信講座LEC(レック)のメリットに関する口コミ

“りょうすけ”
“りょうすけ”
宅建通信講座LEC(レック)を実際に利用した人の口コミから見えるメリットは次の3つです。
  1. 毎年の試験出題問題を的中させているので安心できる
  2. レベル別に様々な受講プランが用意されているので自分にあった教材選びができる
  3. 明確なカリキュラムが組まれているので合格までをイメージしやすい

これらを1つずつ深掘りしていきます。

毎年の試験出題問題を的中させているので安心できる

LEC(レック)は毎年宅建試験で出題される問題を見事に的中させています。

これは長年培われてきた経験があるLEC(レック)だからこそできる技ですね。教材の内容がしっかりと試験で出題されているのか?という点は宅建通信講座を選ぶ上で重要です。

レベル別に様々な受講プランが用意されているので自分にあった教材が使える

宅建通信講座LEC(レック)では受講者のレベルに合わせた様々なプランが用意されています。

あなたが完全な初学者であっても、ある程度宅建の勉強が進んでいる状況であってもそのレベルに合わせてプランを選ぶことができるのは非常に便利ですね。

明確なカリキュラムが組まれているので合格までをイメージしやすい

宅建通信講座LEC(レック)ではプラン別に明確な合格までのプランが用意されています。

ちなみに画像は『プレミアム合格フルコース』のカリキュラムになりますが、試験直前期までしっかりと対策がされていますね。

カリキュラムがあらかじめ明確されているので独学と違って自分の進む方向性がブレないというのも宅建の通信講座を使うメリットの1つです。

宅建通信講座LEC(レック)のデメリットに関する口コミ

“りょうすけ”
“りょうすけ”
ここまで宅建通信講座LEC(レック)のメリットばかりを解説してきましたが、デメリットに関する口コミもあるので説明しておきます。
  • 合格率7割超えといっているが条件がついている
  • 通信講座も通学講座もあまり値段が変わらない

これらをそれぞれ解説していきます。

合格率7割超えといっているが条件がついている

(レック)の受講者の合格率は7割を超えていると言われていますが、実際にこの数値は正確ではありません。

なぜなら全国模試を全て受験して正答率が6割を超えている人であるという条件がついているからです。

つまりLEC(レック)を受講している全ての人の合格率を算出している訳ではなく、ある程度これまでの模試で正答率がよかった人だけを対象にしている訳です。

それで合格率が良いのは当たり前ですね。その点私が一番おすすめしているフォーサイトなら条件がなしに受講生の合格率が7割を超えています。

通信講座も通学講座もあまり値段が変わらない

LEC(レック)の通信講座は他の通信講座と比べて値段が高いです。

LEC(レック)では通信講座だけでなく、通学講座も行なっているのですが通信講座と通学講座の値段にそれほど違いがありません。

この値段を支払うのであればLECの通学講座を受講した方がメリットが大きいと私は思います。

LEC(レック)合格者の口コミ・評判

実際にLEC(レック)を利用して合格した方はたくさんいます。その方たちはどのような口コミをしているのかを見てみましょう。

以下に宅建通信講座LEC(レック)の利用者6名の口コミを紹介します。

“30代男性”
“30代男性”
LECのテキストや問題集は分かりやすく、講座を受けて復習しテストを繰り返すことで少しずつ知識をつけていくことができました。

テキストの重要なポイントは先生が分かりやすく丁寧に指導をしてくれました。私はLECのテキストと問題集、先生からいただいた資料以外は使用しませんでした。すごく内容が充実しておりこれで合格できると思ったからです。

今年の試験に出そうなポイントなどを、講座中に先生が教えてくれました。実際に何問もテストに出題されました。すごく感謝しています。

“20代女性”
“20代女性”
今年3月に、生まれ育った実家を賃貸に出すことになり、不動産屋さんにお仕事をお願いすることがあり、宅地建物取引士という仕事に興味を持ちました。

本屋で参考書を購入しましたが、一読しただけでは理解できず学校に通おうと決めました。

YouTubeで水野先生のLEC宅建講座紹介動画をみて、「この先生、分かりやすいし、面白そう」と思いLECに決めました。

“20代男性”
“20代男性”
LECのテキスト・ウォーク問、大迫力の生講義は本当にすばらしく、記憶に残るかつ、復習にも手間取らない要点をまとめたものになっています。他と比べると数の多い模擬試験も、本試験への自信になります。

本試験当日は、何も持って行かなかったです。それくらいよかったです。LECを信じて勉強すれば大丈夫だと思います。頑張って下さい。

“40代女性”
“40代女性”
先生から何度も言われますが、講座を受けたらすぐに過去問集を解くと良いと思います。個人的には、数回問題集を解いた後にwebフォローの講座を聞き直すと、勘違いしていた点などが分かるので、どんな形態でも気になる科目は2回くらい授業を聞くと良いと思います。

あとはシンプルに何度も問題集を解いて下さい。それが自信に繋がっていくと思います。

試験当日は改正点を入れた問題が多くて一瞬頭が真っ白になりましたが、何度も解いた問題の基本を忘れずに解くことで合格推定点より良い点が取れて、安心して合格発表日を迎える事ができました。

先生の授業と、問題集、自分の努力を信じて頑張ってください

宅建通信講座LEC(レック)を評価してみた

ここまでの内容を踏まえて、LEC(レック)を厳しく評価していきます。

評価基準は次の6つです。

  1. 教材のクオリティー
  2. 価格の妥当性
  3. 合格実績
  4. 講師のレベル
  5. サポートの充実
  6. 合格後のキャッシュバック制度

これらを1つずつ解説していきます。

教材のクオリティー 

宅建通信講座LEC(レック)の基本テキストは市販でも販売されている教材を使っています。

市販のテキストが悪いという訳ではありませんが、通信講座を使うなら市販の教材よりも質の高いテキストを出来るだけ使いたいですね。

そのため評価は星1つになります。

価格の妥当性 

宅建通信講座LEC(レック)の通信講座の値段は他の通信講座に比べて割高です。

正直この値段を払うのであれば通信講座ではなく通学講座に通うべきだと私は思っています。なぜなら通学講座は講師から直接授業を受けることができますし、周りに仲間もいるのでモチベーションが保ちやすいからです。

どうしても理由があって通信講座を使わないといけないという方はもっと安くて質の高い通信講座があるので、

市販テキストを利用しているということもあり、どのプランも他の通信講座よりやや低価格に設定されています。

プレミアム合格フルコース[全78回]

通学 Webフォロー付 178,200円(税込)
DVDフォロー付 194,400円(税込)
通信 Web 151,200円(税込)
DVD 167,400円(税込)

パーフェクト合格フルコース[全58回]

合格に必要な重要必須知識を理解・定着させることを目標としているプランです。

通学 Webフォロー付 145,800円(税込)
DVDフォロー付 162,000円(税込)
通信 Web 124,200円(税込)
DVD 140,000円(税込)

再チャレンジ合格フルコース+スーパー合格講座[全73回]

再チャレコースは最新傾向に対応して徹底的な基礎固めと圧倒的な演習量です。

四肢択一600問(模試6回+答練9回)という業界トップクラスの演習量に加え、「スーパー合格講座」で試験傾向に合わせた徹底的な基礎固めも行えます。

通学 Webフォロー付 172,800円(税込)
DVDフォロー付 189,000円(税込)
通信 Web 145,800円(税込)
DVD 162,000円(税込)

割引制度

LECの講座には、様々な割引制度も用意されています。

再受講割引 106,920円(税込)
宅建試験再受験者割引 142,560円(税込)
宅建業従事・内定者割引 151,470円(税込)
LEC他資格受講生割引 142,560円(税込)
他社のりかえ割引 133,650円(税込)
講座説明会当日申込割引 5,000円割引(税込)

合格実績 

先ほども解説しましたがLEC(レック)の合格率は7割超えと言われていますが、実際にはこの数値はこれまでの全ての模試で6割を超えている受験生だけを対象にしているので正確な数値ではありません。

そのため合格実績の評価に関しては星2つとなります。

私が一番おすすめしているフォーサイトであれば受講者の合格率は純粋に7割を超えています。

講師のレベル 

LEC(レック)の講師のレベルは非常に高いですね。

やはり大手の資格学校なので講師もレベルの高い先生を揃えています。そのため評価は最大の星5つです。

サポートの充実

“りょうすけ”
“りょうすけ”
LEC(レック)では特にサポート制度に関する口コミが記述がされていませんでした。

他の宅建通信講座であればメールや電話での質問対応があるのですが、そういったサポートがないというのは残念ですね。

LEC(レック)のサポートに関する評価は星1つになります。

合格後のキャッシュバック制度 

LEC(レック)では特に合格後のキャッシュバック制度は用意されていません。

そのため評価は星1つです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
合格後のキャッシュバック制度は、全額返金+2万円がもらえるアガルートがおすすめです。

総合評価 

以上を踏まえた宅建通信講座LEC(レック)の総合評価は星1.5つです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”

LEC(レック)は大手の資格校で実績もありますが、通信講座は値段の割にコスパがよくないという印象です。

なのでLEC(レック)を利用するのであれば通信講座よりも通学講座を選ぶようにしましょう!

LEC(レック)が気になるという方は下のボタンからまずは資料請求をしましょう。

 

現役宅建士が選ぶおすすめ宅建通信講座ランキング

宅建通信講座を上手く活用することができれば、以外と宅建は簡単に合格することができます。

独学で何年も受験することになるくらいなら通信講座を使って短期合格をする方が最終的にコスパ良いはずですよ。

とはいえどんな宅建通信講座を選べば良いのか分からないと思うので、実際に宅建試験に通信講座を使って2ヶ月で合格した私が思う宅建通信講座のランキングを別の記事で作成しました。

これを読めばあなたに向いている宅建通信講座がどれかきっと分かるはずなので是非参考にしてみてください。

宅建通信講座のおすすめランキング11選【現役宅建士が徹底比較】宅建通信講座のオススメランキング10選を完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。