宅建とは

宅建士の仕事はきつい?気になる宅建士の業務内容

今回は宅建士の仕事はきついのかというテーマでお話していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士の仕事って何だかきつそう…実際に合格した後にはどんな業務をすることになるんだろう?

こういった方に向けてこの記事は書きました!

この記事を読んでもらえれば宅建士の仕事がきついのか、実際にはどういった業務を行なっているのかを知ることができます。

ちなみにこの記事を書いている私は宅建の資格を持っているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

これから宅建士を目指していてその前にどんな仕事なのかを知っておきたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

宅建士の仕事はきついのか?

結論から言うと他の不動産営業マンに比べると宅建士に仕事はきつくありません。

なぜなら他の営業マンが外に出て汗を流している中、宅建士はクーラーの効いた部屋で書類の作成する業務を行うことができるからです。

もちろんそれだけが業務ではないので、宅建士も外回りをすることはありますが、他の営業マンに比べれば事務仕事が任されるのも宅建士の特徴です。

また資格を持っていることで他の人よりも待遇も優遇されるので精神的にもかなり楽だと言えます。

宅建士の業務内容


宅建士には次の3つ独占業務が存在します。

  • 契約締結前の重要事項説明
  • 重要事項(35条書面)への記名・押印
  • 契約書(37条書面)への記名・押印

この3つを業務が他の不動産営業マンと違う点になります。

それぞれ1つずつ深掘りしていきます。

契約締結前の重要事項説明

まず1つ目の独占業務が契約締結前の重要事項説明です。

例えば家を借りる時、買う時に必ず宅建士の人が契約書の重要事項の説明をしなければいけません。これをせずに契約をしてしまうと宅建業者には罰金が課されます。

契約が成立するたびに宅建士には仕事があります。

この重要事項説明書ですが、かなり長いので初めのうちは読むのにかなり緊張します。

ただ慣れてくると文言なども覚えてくるので楽になってくるので楽な仕事のうちの1つだと言えます。

重要事項(35条書面)への記名・押印

2つ目が重要事項(35条書面)への記名・押印です。

先ほどの重要事項の書面には宅建士の人の記名・押印が必要になります。

仮にこの宅建士の記名・押印がない書面であればその重要事項説明書は無効になってしまいます。

これも大切な宅建士の業務の一つですね。

契約書(37条書面)への記名・押印

3つ目は契約書(37条書面)への記名・押印です。

重要事項説明書とは別に契約書も作成されます。その契約書にも宅建士は記名、押印をしなければいけません。

このように宅建士は不動産の書類に関わる分野で活躍することが多いですね。

宅建士はもちろん営業も行う


宅建士の仕事は書類を作って終わりというわけではなく、もちろん営業も行います。

ただ他の営業マンと比べると3つの独占業務が存在するのでその分毎日外を走り回っているというわけではありません。

どちらかというと事務仕事が多くなる傾向にあります。

営業の時にも宅建士の資格を持っていることでお客様の信頼度も変わって来ます。

営業+宅建士は最強

不動産業界で営業ができる宅建士は最強です。

なぜならこの2つを持っている人は自分一人でも独立してご飯を食べていけるからです。

どれだけすごい営業マンでも宅建士の資格を持っていなければ最後は宅建士の人に任せなければいけません。

逆に宅建士の資格だけを持っていて営業ができない人は誰かがお客さんを連れてくるのを待っておかなければいけません。

つまりこの2つを同時に持っている人は1人でもお金を稼ぐことのできる最強のビジネスマンなのです。

宅建士になるためにはどうすれば良いのか?

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建士になりたいけど、具体的にはどうすれば良いんだろう?

こんな風に考えているかたもいるはずです。

結論としては、宅建に合格するためには通信講座を使う方法がもっともおすすめです。

なぜなら通信講座を使えば合格までの勉強時間を省略することができますし、私自身も宅建の通信講座を使って2ヶ月という短期間で宅建に合格したからです。

どのような通信講座を選べば良いのかについては、宅建通信講座のおすすめランキング10選【徹底比較】を参考にしてみてください。

まとめ

今回は宅建士の業務はきついのか?について説明してきました。

内容をまとめると次のようになります。

まとめ
  1. 宅建士の業務は他の営業マンに比べれば楽
  2. 宅建士には3つの独占業務がある
  3. 宅建士+営業ができるのが最強
  4. 宅建合格には通信講座を使うのが最短ルート

今回の記事を参考にしていただいてこれから自分も宅建士を目指したい!と思ってくれる方が増えれば嬉しいです。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。