宅建とは

【転職希望者必見】女性宅建士の年収や仕事内容

今回は女性宅建士の平均年収や割合、仕事内容について取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建を取ったらどのくらいの収入UPが見込めるんだろう?女性宅建士の平均年収や割合、仕事内容について知りたいな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

今回は私の知人の女性宅建士に話を聞いてきたので、ある程度の信頼性は担保されるはずです。

この記事を読んでもらえれば、女性宅建士の平均年収や、女性に宅建の資格がおすすめの理由なんかも知ることができるのでぜひ最後まで読んでみてください。

宅建士の女性の平均年収・給料はどのくらい?

女性の宅建士の年収については、278万円~538万円というデータがあります。

この値は男性の381万円~713万円と比較すると低くなりますが、この差の主な原因は働き方の違いによるものであると考えられます。

朝から晩まで同じように働けば収入の差はないです。

資格を活かして仕事をする場合には、通常は性が原因で収入差が大きくなることはなく、家庭における役割の差などによって仕事量や雇用形態に差がある結果、女性の方が平均的な収入が低くなっていると考えられます。

ただ、性差というより地域差があり、やはり一番多いのは東京、次いで大阪…と大都市が比較的に多く貰えます。

もちろん勤めている会社によったり、勤続年数にもよるので一概には言えません。

筆者の女性の同僚や、知り合いづてに不動産勤務の女性に聞いたところ月に約30万円くらいが多かったので年収ベースで考えると約360万円が妥当なのかなと思います。

女性宅建士の仕事内容

女性宅建士の仕事内容は、男性と特に変わりありません。

ただ、どの仕事もそうだと思いますが、女性特有の柔らかい雰囲気だったり男性と女性では相手に与える印象も変わってくると思います。

そのような部分で女性の方が相談しやすいので担当者は女性の方でお願いしますなど、そういった意見はたまにあります。

女性宅建士の割合はどのくらい?

女性宅建士の割合は全体の約25%、大体4人に一人の割合のようです。

近年、共働きだったりと女性も男性も変わらない働き方が根付いてきているので増えている傾向に見られます。

今後もっと性差のない社会になっていくと思うので、より女性が目立つシーンが増えてくると思います。

宅建の女性割合は、士業では珍しく20%を超えている。他の士業では20%を下回ることが多い

宅建士の資格手当はいくらもらえるのか?

宅建士として不動産会社などに勤務した場合には、資格手当として月額1万円から3万円の資格手当が付くことが多いです。

手当の金額は企業によって異なりますが、資格手当が高額な場合にはその分基本給が低めに設定されている場合もありますので、一般的な仕事に加えて数万円の手当が上乗せわれるというくらいに考えるのが適当です。

それでも年間で数十万円の収入が上乗せされるわけですから、長い目で考えれば大きな金額という事が出来ます。

女性は宅建士に向いている3つの理由

女性に宅建士は向いています。その理由は以下の3つです。

①きめの細かい対応が出来る

②女性目線でのアドバイスが出来る

③自由な働き方に対応できる

これらについてそれぞれ深掘りしていきます。

きめの細かい対応が出来る

女性の特徴として、丁寧できめの細かい対応が得意であるということがあります。

宅建士の仕事は、契約書類の作成や重要事項の説明など、法令に基づいた仕事が多くなります。

一般的には難解と思われる書類を作成し、その内容についてお客様に分かりやすく説明するためには、お客様の契約内容の理解度を観察しながらきめ細かく説明の仕方などを変える必要があります。

このような対応が得意である女性は宅建士に向いていると考えられます。

女性目線でのアドバイスが出来る

宅建士の仕事の多くの部分を占める不動産物件の案内の仕事の場合、その物件の特徴や周辺環境などにについて、女性の目線でお客様にアドバイスすることが出来ます。

物件がファミリー向けの住宅である場合には、その物件で長い時間生活をするのは女性であるケースが多くなります。

その点では住宅を購入されるご夫婦では、奥様の意見が取り入れられやすい傾向があります。

他にも、女性のひとり暮らしはセキュリティ面でも不安ですよね。

それらの点からも女性目線で物件のアドバイスが出来ることは大きなメリットになります。

住居は立地や広さ、間取りや収納等の利便性において女性の意見が取り入れやすい傾向があり、その観点からも女性目線のアドバイスは大切です

自由な働き方に対応できる

女性は男性と比較して、人生のステージにおいて働き方が変化することが多いです。

結婚を機に経験を積んだ仕事を退職し、子育てが落ち着いてからまた仕事を始めたい、などと言う働き方には、宅建士はとても向いている仕事と言えます。

また、正社員に限らずパートやアルバイトでも資格を保有していれば資格手当てももらえ、就職にも有利である場合が多く、ライフスタイルに合わせた働き方がしやすい資格であると言えます。

女性が宅建資格を取るメリット

では女性が宅建を取得するのにはどんなメリットがあるのでしょうか。

具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

①空いた時間で独学で勉強が出来る

②再就職がしやすい

③比較的高収入を得ることができる

それぞれのメリットを深掘りしていきます。

空いた時間で独学で勉強が出来る

宅建士の資格は、比較的簡単に独学で進めることが出来ます。

参考書が充実していますので資格学校などに通学をしなくても、自分の空いた時間に自宅で気軽に勉強をすることが出来ますので、子育て中などでも空いた時間に少しずつ勉強を進めることが出来ます。

まずは自分に合いそうなものをまず1冊購入し、それに目を通すことから始めてみると良いです。

試験は1年に1回ですので、余裕をもってあせらずに場合によっては1年以上先の合格を目指しても良いです。

勉強時間も大事ですが、何より試験日まで逆算しての計画的な勉強の継続が一番大切です。

再就職がしやすい

子育てがひと段落してまた仕事を始めたいと考える女性も多いと思います。

このような場合に宅建士を取得することには大きなメリットがあります。

宅建士の資格を取得することで、再就職がしやすくなります。

不動産仲介業の店舗には一定の割合で宅建士の資格保有者の設置義務があり、資格を持っている方を探している店舗も少なくありません。

不動産仲介業の募集を探してみると、宅建資格保有者を求めている会社が多いことが分かります。

比較的高収入を得ることができる

宅建士はいわゆる士業とよばれる国家資格のひとつであり、この仕事で得られる収入は比較的高くなります。

一定時間の学習をしなければ取得できない資格ですので、誰でも取得できる資格ではありあせんが、その分需要に対しての資格保有者が少ないので高待遇になる事が多いのです。

事務職であっても資格手当などを含めると給与が高くなるケースが多いですし、正社員でなくても、アルバイトなどでも高めの時給でお仕事が見つかる場合が多いです。

女性の宅建取得者は転職に有利

女性の宅建取得者は転職にも有利です。

まず宅建を持っているだけでも有利なのですが、全体的に見ても多いといっても女性の取得者は貴重です。

男性ばかりのところは入りづらいなどの意見もあると思うので、そうした時に女性がいるだけでも雰囲気は全然違います。

あとは男性が目につかないとこを見れる力女性目線での提案など会社、お客様両方にメリットがあるのでとても重宝されます。

女性宅建士は需要あるのか?

令和元年度の宅建士の合格率をみると、全体での合格率が17%であるのに対して、女性の合格率は18.5%と高くなっています。

これは女性が宅建士の資格取得に向いているということの現れです。

働く女性が増えてきており、キャリア思考の女性もそれに伴い増えてきているので今後より活躍の場が増えてくるでしょう

女性宅建士についてのまとめ

今回は女性宅建士の平均年収や割合、仕事内容について取り上げてきました。

女性でも宅建を持っていれば比較的高収入をもらうことができるので良いですね。

具体的にどういった勉強方法なら宅建に効率よく合格できるのかは以下の記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてみてください。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いています。短期合格を目指すのにおすすめの通信講座も紹介しているので是非参考にしてみてください。...

では最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。